短髪の白髪染めならコレを試してみるのもアリです

▶︎この記事を読む時間:約: 2

短髪でも染めやすい白髪染めを紹介しています。

短髪 白髪染め

「髪が短くて白髪染めが難しいな〜」と感じてる人の白髪染めの解決策になれば嬉しいです。

短髪の白髪染めは頭皮に悪い?

短髪の白髪染めは、頭皮へのダメージが心配です。

どんなに注意しても、液やクリームが地肌についてしまいます。

体調やタイミングによって頭皮がかぶれることもあり、できるだけ地肌に薬剤をつけたくないですよね。

できれば、美容院でプロの美容師さんに染めてもらう方が、頭皮への負担は少なくなります。

サロンカラーのメリットは、薬剤を頭皮から浮き上がらせる「乳化」という作業をしてくれ、髪質や根本、毛先に合わせて薬剤を塗り分けてくれるところが安心できます。

ただ、時間がなくて自宅で染めたい!という人もいらっしゃいます。

そういう方は作業の準備が必要ない白髪ケアが向いています。

地肌を染めず安心して根元までムラなく染めることができます。短い髪の白髪染めにおすすめです。

  • \1回で染まる白髪ケア/
  • グローリン・ワンクロス

    短髪の白髪染めに向いてる白髪ケア

    短髪の白髪染めでおすすめは、頭皮に優しい成分を配合し刺激の少ない白髪ケアです。

    短髪なら、1回で染まる白髪染めを試してみてはいかがでしょうか。

    長髪のように染めやすくありませんが、1回でしっかり染まる白髪ケアなら、地肌が黒く染まる心配もなく、一般的なカラー剤に比べて頭皮へのダメージも抑えることができます。

    1週間に1回のペースで洗髪するだけです。忙しい季節や残業が続いている日でも簡単に白髪を染めることができますよ。

    おすすめはグローリンワンクロスルプルプという白髪ケア製品です。このブログのトップページでも紹介していますので参考にして下さいね。

    短髪の白髪染め頻度は?

    短髪の白髪染めの頻度は、できるだけ少ない回数で頭皮に負担をかけずに染め続けたいものです。

    おすすめの白髪ケアの頻度は、1週間に1度のペースでOK。

    白髪染めトリートメントなら、2~3週間に1回の頻度で染めていきます。

    短髪は伸びてきた根元の白髪が目立ちやすいため、できるだけ頻繁に染め続けることになりますが、洗髪タイプの染毛剤なら無理して「染めるための作業」をする必要はありません。

    坊主の白髪ケアは?

    短髪といっても、坊主の白髪染めは難しいです。

    髪の長さにもよりますが、1.5㎝以上なら1回で染まる洗髪タイプの染毛剤を試す価値はあります。

    試す価値はありますが、坊主の白髪を染めるのは基本的に難しいです。

    坊主に白髪を染めるのは難しいよね。

    おすすめの対策は、定期的に短くにカットし『目立たなく』させることで白髪を隠すというやり方。

    坊主の方は1週間に1回の頻度でカットしてる人が多いのではないでしょうか。

    白髪が目立たない長さは3ミリです。

    3ミリが無理!という方は5〜6ミリでもOKです。

    このくらいにカットすると白髪は目立ちません。

    確かに白髪は目立たないな。

    坊主の方は、白髪を染めるという発想から短くカットするという対策の方が現実的でおすすめの解決策です。

    短髪の白髪染めまとめ

    短髪の白髪染めには、簡単にできる白髪ケアです。

    とくに、洗髪タイプはおすすめです。

    白髪を染めるための準備や後片付けを気にすることなく、放置時間もいらないので気軽に始められます。

    短髪の白髪染めは頭皮を染めてしまう恐れがあり、地肌へのダメージも心配です。

    このブログで紹介している白髪ケアは、地肌を染めず一般的なヘアカラー剤に比べて頭皮の負担を抑えられます。短髪の白髪ケアの参考にしていただけると嬉しいです。