白髪染め・アレルギー副作用

縮毛矯正と白髪染めを同時にしても負担は大丈夫?

投稿日:

※記事の所要時間:約 8 分

縮毛矯正と白髪染め

縮毛矯正(パーマ)してると、白髪染めができるか心配です。

一般的な白髪染めは、薬品の化学反応を利用するから髪と頭皮の負担が心配ですよね。

また、色落ちや変色も心配です。

頭皮と髪にやさしい白髪対策を考えてるなら、酸化剤を使用しない無添加の白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを試してみてはいかがですか。

変色や色落ちは、タイミングによって可能性はありますが、髪の表面をコーディングするヘアマニキュアなので、内部に染毛剤を浸透させる白髪ケアより髪へのダメージは少ないですよ。

このコラム記事が、縮毛矯正と白髪染めの負担について調べてる人の解決策のヒントになると嬉しいです。

特徴

  • 無添加ノンシリコーン
  • 根元までムラなく染まる
  • 頭皮と髪にやさしい

無添加のシャンプーなので、パーマしていても使えます。
↓ ↓ ↓

>>利尻カラーシャンプー詳細をみる

ポイント

初回限定1000円割引

利尻カラーシャンプー

たま
たま
縮毛矯正やパーマで髪の毛が傷んでいる人の白髪染めについての解決策のヒントになるご幸いです。

縮毛矯正と白髪染めは同時にしても大丈夫?

縮毛矯正を繰り返していると、髪の毛がパサパサにパサついたり、湿気が多い日などはうねることもあり、長年続けてきた髪の毛の痛みの蓄積が気になると思います。

それに加えて一般的な白髪染めは、酸化剤によって染毛剤を毛髪の内部に浸透させますので、髪の毛・頭皮にダメージが蓄積される可能性が高いと言われ、実際にかぶれや痒みなど、皮膚アレルギーの原因になることもあります。

それを踏まえた上で、縮毛矯正と白髪染めを同時にしても良いのか?不安だと思うんですね。

できれば、担当の美容師さんに相談する方が確実だと思います。

髪質や、ヘアカラー剤、ホルモンバランスや体調など、いろいろなことが繋がってくると思いますので、できるだけ、専門の方の意見を取り入れて、縮毛矯正の白髪染めは進めていった方が無難です。

しかし、いくら専門の方に相談したからと言って、できればこれ以上、髪の毛を傷めたくないところだと思います。

また、美容院で定期的に白髪を染め続けるのは、経済的に大変です。

縮毛矯正の方でも比較的、頭皮と髪の毛を優しく染めてくれる、無添加の利尻カラーシャンプーを試してみてはいかがですか。

無添加の白髪染め利尻カラーシャンプーは、縮毛矯正(パーマ)と同時に併用することができます。

ポイント

ただ、パーマ後は、キューティクルが開いた状態になっているので、シャンプーの時間を短くしたり、1日おきに洗髪してみたりと、様子をみながら使用時間を各自で調整することがポイントです。

利尻カラーシャンプーデメリット メリット
利尻カラーシャンプー口コミ|評判を徹底的に解説!

※記事の所要時間:約 39 分 利尻カラーシャンプー口コミ 利尻カラーシャンプー口コミ、評判を含めて解説。 >>利尻カラーシャンプー詳細をみる 利尻カラーシャンプーの口コミや評判などは気になりますよね ...

続きを見る

紹介している無添加の利尻カラーシャンプーは、ヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

ヘアマニキュアタイプの白髪染めは、一般的なヘアカラー剤に比べて色持ちが悪いというイメージがあると思いますが、無添加の利尻カラーシャンプーは、「洗髪」「染める」を同時にしてくれますので、毎日のシャンプーをしてるだけで、無理することなく黒髪をキープすることができます。

たま
たま
確かに、ヘアマニキュアは薬品を使った一般的なヘアカラー剤とは違い、髪の表面を着色するタイプだよね。
うん。だから一般的な白髪染めに比べてダメージが少ない。それに加えて、利尻カラーシャンプーは無添加というところがでかい。
ぽち
ぽち
たま
たま
そうだね。利尻カラーシャンプーは、縮毛矯正の方の白髪染めに適してるね。

縮毛矯正と一般的なヘアカラー剤

一般的なヘアカラー剤は、先ほどお伝えしたように、酸化剤の科学反応によって毛を染めていきますので、髪と頭皮の痛みが激しくなることもあります。

縮毛矯正も、髪の毛に負担をかけていますので、できるだけ酸化剤を使用した白髪染めは控える方が良いです。

どうしても染めなければいけない場合は、髪質・薬品の種類・染める間隔など、担当の美容師さんか、近くの美容室で相談してくださいね。

また、ヘアカラー剤によるアレルギー性のかぶれの原因は、ほとんどが、有効成分でもある酸化染料だそうです。

ヘアカラー剤で一度でもかぶれたりすると、一生、ヘアカラー剤(酸化染毛剤)を使うことはできなくなると言われていますよね。

たとえ、ヘアカラー剤の製品名やブランド、メーカーを変えても、同じタイプのヘアカラー剤は、どのメーカーを選んでも同じ成分を配合していますので、二度と、ヘアカラー(酸化染毛剤)で染めることができなくなります。

それくらい、白髪染めは髪と頭髪に負担を与えているのですね。

たま
たま
一般的な白髪染めは、頭皮がヒリヒリするし、年代によっては抜け毛や薄毛を加速させないか不安だよね。
縮毛矯正と白髪染めのタブルパンチで薄毛を促進したら怖い。
ぽち
ぽち

縮毛矯正の白髪染めにはヘアマニキュアがおすすめ

ヘアマニキュアタイプは、髪の毛の表面をカラー成分で着色させるタイプの白髪染めです。

酸化染毛剤を使った白髪染めに比べて、比較的、地肌と髪の毛を傷めず、優しく染めていきます。

縮毛矯正(パーマ)は髪の毛に負担をかけていますので、酸化剤を使用した一般的な白髪染めで負担を与えいるよりは、髪表面に色素を着色させるヘアマニキュアの方が、痛みの少ない染め方になります。

たま
たま
縮毛矯正の方の白髪染めは、どんな染め方をしたら良いのか本当に迷うと思うんだよね。
縮毛矯正も白髪染めも、両方とも髪と地肌に負担を与えるからな。
ぽち
ぽち
たま
たま
うん。縮毛矯正だから白髪染めをやめた!ということはできないからね。

縮毛矯正後と白髪染めトリートメント

縮毛修正(パーマ)と白髪染めに迷ってるなら、白髪染めトリートメントを試してみてはいかがですか。

ヘアカラーやパーマをすると、キューティクルが傷ついてしまいますよね。

髪の表面を覆っているキューティクルが傷ついてしまうと、髪の毛の内部にあるコルテックスというヘアカラーが作用する部分がむき出しになってしまい、縮毛矯正後の白髪染めトリートメント保水力が落ちて髪の毛がパサパサになってしまいダメージヘアに。

浸透性のあるトリートメンは、髪の毛のタンパク質に働きかけダメージを修復する効果があります。

おすすめしている白髪染めトリートメントも、髪の内部に働きかけながら潤いを与えてくれます。

一般的な白髪染め(ヘアカラー)を使用するよりは、断然、髪の毛にやさしいトリートメント染めです。

ただ、髪の毛の状態によっては強く染まったり、変色する場合もありますので、行きつけの美容師さんに相談してみても良いかもです。

ちなみに、私の母は強いパーマをしていますが、白髪染めシャンプー、白髪染めトリートメントを使用してキレイに染めています。個人個人、染めるタイミングや髪質が違いますので、プロの方に相談してみても良いかもしれませんね。

縮毛矯正の白髪染めにヘナは効果あり?

縮毛修正の白髪染めにヘナの白髪染めってどうなんだろう?と気になります。

ヘナを長年使用すると、縮毛修正で傷ついてた髪の毛を修復しながら、髪のボリュームを全体的に落ち着かせる働きがあるそうですね。

「雨の日でも髪が爆発しない」という効果を感じる人もいるようです。

天然100%のヘナだからこそ、本来持ってる力を引き出してゆっくり回復させるのではないでしょうか。

100%天然のヘナは、白髪をオレンジに染めますので、黒髪に染めるために使用するものではないのかも。

オレンジに染まった白髪を黒髪に近づけるには、髪の毛が再生した後、インディゴ染めをしていきます。

ナチュラルなものだから、手間をかけてゆっくり仕上げていくのですね。

ちなみに、簡単に黒髪に染まるというものは、ヘナで染まってるわけではないそうです。

縮毛矯正の白髪染め・まとめ

縮毛矯正の白髪染めは、髪と地肌のダメージを考えると、どのような白髪染めをして良いのか不安だと思います。

  • 縮毛矯正と白髪染めは同時にして良いのか?
  • 縮毛矯正と白髪染めの間隔は、どれくらい離した方が良いのか?
  • 縮毛矯正と白髪染めの順番はどっちが先にしたら良いのか?
  • 実際に白髪を染めようと思うと、本当にいろいろなことが気になりだして、だんだん怖くなってくると思います。

    また、くせ毛や剛毛の白髪染めに悩んでいる人も多いと聞きます。

    本音を言えば、「何で自分だけ縮毛矯正と白髪染めの両方を悩まなければいけないのか?」ということを考えたこともあると思うんですね。

    できれば、縮毛矯正も白髪染めもやりたくないんじゃないかな。

    無添加の利尻カラーシャンプーは、ヘアマニキュアタイプの白髪染めで、毎日のシャンプーの中、「洗う」「染める」「労わる」を同時にしてくれますので、縮毛矯正の方の白髪染めにおすすめです。

    使用する前に、担当の美容師さんに相談してみるのも良いかもしれません。

    私も、抜け毛と薄毛の白髪染めで悩んでいたことがあり、地肌と髪の毛のダメージに対して似たような不安を持っていた頃もありました。

    正直にいうと、今でも白髪染めはやめたいと思います。

    やめたい思いますが、利尻カラーシャンプーに替えて、白髪染めが本当に楽になったのは事実です。

    髪質、体調、生活習慣など、個人差がありますので、無理におすすめすることはできませんが、周りの人と相談しながら試してみるのもアリだと思います。

    無添加の白髪染めシャンプーを上手に活用しながら、頭皮と髪の毛に優しい白髪染めを始めてみるのも良いのかなと思います。

    白髪染めシャンプー & 白髪染めトリートメント
    白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め

    ※記事の所要時間:約 51 分 白髪染めシャンプーランキング 白髪染めシャンプーランキング、おすすめを紹介しています。 このブログは、人気のある白髪染めシャンプーをランキング形式でおすすめ紹介していま ...

    続きを見る

    うるおい成分でトリートメント効果を実感しながら染めるなら、白髪染めトリートメントも参考にしてみてくださいね。

    白髪染めトリートメント
    白髪染めトリートメントランキング|おすすめ白髪染め

    ※記事の所要時間:約 23 分 白髪染めトリートメントランキング 白髪トリートメントおすすめランキングを紹介しています。 たま 白髪染めトリートメントは何を選んで良いのか迷うよね。 うん。頭皮と髪(毛 ...

    続きを見る

    白髪染めシャンプーランキング

    利尻カラーシャンプ

    利尻カラーシャンプー

    こんな方におすすめ

    • 無添加ノンシリコーン
    • 根元までムラなく染まる
    • シャンプーするだけ

    白髪染めシャンプー&ヘアパック 黒耀

    こんな方におすすめ

    • 奄美大島のシャリンバイ(草木染め)
    • 11年のロングセラー
    • 無添加・無着色・無香料

    グローリン・ワンクロス

    グローリン・ワンクロス

    こんな方におすすめ

    • 週に一回のシャンプー
    • 牡丹エキス・芍薬エキス・百合エキス
    • ヘマチン配合

    -白髪染め・アレルギー副作用
    -,

    Copyright© 白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.