白髪染め 年代別

40代からの毛染め用老眼鏡と白髪染めについて想うこと。

投稿日:

※記事の所要時間:約 7 分

40代になってくると、老眼が入ってきて今まで見えていたものがボヤけて見え出してきます。

鏡を見ながら、生え際・分け目・後頭部辺りの白髪が見つけ辛くなることもあります。

この白髪染めシャンプーコラムでも老眼に関することをお伝えしましたが、メガネを外して裸眼で鏡をチェックするのは大変です。

ただ、今は、毛染め用の老眼鏡がありますので、白髪染めの時に気にすることなく、毛染め用の眼鏡をかけて白髪染めができますよね。

しかし、毛染め用老眼鏡をかけなくても、自宅にいながら生え際・分け目・もみあげ・の白髪をムラなく綺麗に染めることができます。

今使ってるシャンプーを白髪染めシャンプーに替えることで、毎日のシャンプーしてるだけで生え際やもみあげ・襟足など、染めることが難しい白髪の部分染めを、徐々に染めていきますよ。

例えば、白髪染めの大変なところは、白髪を染めるための準備をしたり、染め終わった後の片付けをすることも、「白髪染め」という作業の中に含まれていて面倒くさいです。

また、生え際や分け目、もみあげの白髪は、染めても、染めても、すぐに根元から白く目立ってきます。

白髪染めシャンプーなら、洗面台・衣類・地肌を白髪染め液で黒く汚さずに、ただ毎日のシャンプーの中で勝手に染めることができます。

そして、ここが一番重要なことなのですが、40代は他の年代に比べても責任を求められる年代です。

そして、その責任感と並行するように、仕事や私生活でも何かと忙しくなってきたり、生活費にお金がかかったりする時期でもあります。

その忙しい生活の中で、頻繁に白髪を染めなければいけない40代にとって、「白髪染めということを意識することなく」染めてくれるシャンプーは、時間的にも経済的にも、本当に助かります。

また、もう1つの問題点に、一度でも白髪をきれいに染め始めると、たとえ途中から毛染めが面倒になっても、染めることを止めることが難しいという悩みがありあます。

染めることを止めると、一気に老けて見えてしまうので、なかなか白髪染めを止めることが難しいですよね。

特に40代、50代の白髪は、まばらに生えてることが多く、60代以降の銀髪のシルバーヘアーという品の良さとは程遠く、どちらかと言うと、不衛生で老けたイメージを他人に与えてしまいます。

これから何十年と白髪を染めていくことを考えてみると、地肌や髪の毛にも優しい無添加の白髪染めシャンプーは40代からの白髪染めに向いています。

毎日の洗髪で自然に生え際やもみあげ、襟足といった難しい部分染めもムラなく染めてくれますので、毛染め用の老眼鏡をかけて、目を酷使しながら鏡でチェックする、といった作業をしなくても済みます。

もちろん、老眼鏡を使用することが悪いということではありません。

もし、40代からの白髪染めのためだけに、「毛染め用老眼鏡を購入しようかな?」

と考えてるなら、毎日の洗髪をする中で、自然にムラなく白髪を染める方法がありますよ、と言う私からの提案です。

もちろん、一つぐらい毛染め用老眼鏡を持っていても良いと思います。

しかし、40代からの頭皮や髪の毛はハリやコシがなくなり、全体的に髪の毛が細くなっていきボリュームがなくなってくることもあります。

その時に、市販の白髪染め液やクリームでの毛染めは、頭皮や髪の毛に負担を与えてしまうことも事実です。

このブログで紹介している白髪染めシャンプーは、無添加で40歳からの地肌と髪の毛をいたわりながら、白髪をムラなく綺麗に染めてくれます。

シャンプー後は洗い流すだけです。

後片付けをする必要もありません。

周りを汚さずに、簡単に白髪を染められます。

白髪染めということを意識することなく、綺麗に染めることができますよ。

染める、と言う表現よりは、いつの間にか染まってる、という表現が正しいのかな?

私ごとなのですが、白髪染めシャンプーが想像以上に良かったので、高齢の母親にもプレゼントしました。

シャンプーなので、定期的に美容院に通って、いちいち白髪染めをしなくても済むということで、金銭的にも体力的にも助かってるそうです。

その浮いた美容院代を交際費にまわして、美味しいランチなどを食べに行ってもらうこともできますしね。

でも、あえて美容院に行く、という運動もお年寄りには楽しみかもしれませんので、全否定はできませんね。

しかし、親へのプレゼントとしても、白髪染めシャンプーは、すごく喜ばれますよ。

そして、40代からの毛染め用老眼鏡を考えていた場合、白髪染めシャンプーを使用することで、眼鏡をかけずに染めることが出来る、という事実をこのブログで知ってもらえたのなら嬉しいですね。

シャンプーするだけで白髪染めができるので、本当に楽です。

白髪染めシャンプーはノンシリコンで無添加です。

40代の頭皮と髪の毛にも優しいですよ。

40代から老眼の対処法

40代からくる老眼のための白髪染め方法について

先ほどもお伝えしたように、40代にもなると白髪染めの悩みと同時に、近くのものが見えずらくなってくる「老眼」にもなってきます。

生え際や分け目の部分染め、もみあげに混じってきた数本の白髪 . . .

こういった細かい白髪部分が手鏡などで見えずらくなってくるのも、40代からの悲しい現実ですよね。

ほんの1年前までは意識したこともなかったことが、ここ最近、近くの物が見えずらくなってきたりします。

また、部分染めといった細かな白髪染めの作業が、知らず知らずのうちに目の負担になってきるかもしれません。

「今は大丈夫!」と思っていても少しずつ近くのものが見え辛くなり、老眼という老化現象は確実に進行していきます。

そういった身体に関する新たな悩みの話題を含めたことも、40歳を境に私の周りでもきくようになってきました。

普通の白髪染め液やクリームでの部分染めは、細かな作業を強いるので目も疲れますし、首や肩も凝ってきます。

地肌や周りが汚れてしまわないように、以前より目を凝らして気を使ってしまうことも。。。

また、40歳を越えると、ハリやコシやボリュームが少なくなっていき、市販の白髪染めの成分が少しだけ不安だな〜と思うこともあります。。。

正直、頭皮がヒリヒリして痛い時もあり、少し不安だったりもします。

こう言った髪の悩みや不安も含めた上で、このブログでは、毎日のシャンプーの中でムラなく染めることのできる、白髪染めシャンプーの使用を提案させていただいているのですね。

白髪染めシャンプーでの白髪染めは、生え際・分け目・もみあげ・えりあし、といった、自分で染めるときに比較的難しく面倒な部分染めが、毎日のシャンプーの中で「染めるということを意識することなく」自然に染まってくれます。

生え際や分け目の白髪は、染めても、染めても、根元の白髪が10日ぐらいで目立ってきませんか。

毎回、生え際の白髪を気にしていたり、チェックしたりしていては、これから先、老眼が進行していく目には負担的にも大変な作業になってきます。

また、白髪染めは、メガネもかけることができません。

近眼の人にとっての裸眼での白髪染めは、顔を鏡に近づけチェックしながらすることもあり、面倒で大変なものです。

白髪染めシャンプーでの白髪染めは、髪の毛を洗うだけですので、鏡でチェックしたり、洗面台が汚れないように気を使いながら染めなくてすみます。

市販の白髪染めのように染めるために準備したり、衣類や地肌が黒く汚れないように気をつけたり、後片付けや飛び散ったクリームや、液体の掃除をしなくてもすみます。

毎日のシャンプーの中で、自然と勝手に生え際や分け目、もみあげ、襟足をムラなく綺麗に染められます。

少し余談になりますが、ヘアマニュキュアでの白髪を染めは、髪の毛に負担を与えない分、人気のある染め方ですよね。

過去にヘアマニュキアが染まりにくいという経験があった場合は、シリコーンが入ってるタイプのシャンプーを使用していたのかもしれません。

シリコーン配合のシャンプーは、髪の毛をコーティングしてしまうので、色が定着しにくいということもあります。

「シリコーンって表記されてないよ!」

と、思われた方もいるかもしれませんが、実は必ずしもシリコーンと表記されてなく、「ジメチコン」「シロキサン」「シクロメチコン」と表記されてるケースもあります。

オススメしている白髪染めシャンプーは、40代の地肌と髪の毛に優しいノンシリコンで無添加です。

毎日のシャンプーの中で、生え気、分け目、もみあげ、襟足などの白髪を自然に染めてくれます。

シャンプーなので、準備や片付けもなく、洗い流すだけでOKですね。

生え際や分け目の白髪チェックをしなくて済みますので、何かと忙しい40代のライフスタイルに適してします。

40代からの面倒な白髪染めに、シャンプーをするだけで、生え際や分け目を自然な形で染め上げてみませんか。

毎日のシャンプーで自然と白髪染めができていると、人と会う時でも慌てずにすみます。

いつでも綺麗に白髪が染まっていると、同級生にバッタリ会っても心配ありませんね。

白髪染めシャンプーランキングを紹介していますので参考にしていただけると幸いです。

-白髪染め 年代別
-,

Copyright© 白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.