白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーアレルギー|副作用が不安な方へ

投稿日:

▶︎この記事を読む時間:約: 1

白髪染めシャンプーアレルギー

白髪染めシャンプーはアレルギーがあるのか?白髪染めのアレルギーや副作用に悩んでいる人の参考になると幸いです。

白髪染めシャンプー アレルギー

白髪染めシャンプーは、市販の白髪染めに比べて、アレルギーのリスクが少ないです。

アレルギー(かぶれ、かゆみ、腫れなど)症状の原因になってる酸化剤(ジアミン系成分)を配合していませんので、一般的なヘアカラーや白髪染めに比べて安全に染めることができます。

ポイント

白髪染めシャンプーはヘアマニキュアなので、一般的な白髪染め(ヘアカラー剤・ヘアダイ)のように酸化剤でキューティクルを開いて髪の内部に染毛剤を浸透させません。

髪の表面をカラー成分で覆うことにより、白髪に色をのせていくタイプです。

だから、頭皮や髪へのダメージが少なく、ジアミンアレルギーの心配がないのですね。

使用するたびに色が重なり深みが増していき、徐々に目立たなくなっていきます。

デメリットは物理的な刺激による色落ちが早いこと。メリットは表面をコーティングするのでダメージが少なくツヤが出てることです。

ジアミン系成分を使用していないところもポイントです。

かぶれた経験がある人でも、安心して白髪を染めることができます。
↓ ↓ ↓

利尻カラーシャンプーを見る>>

  • \アレルギーが心配な人の白髪染め/
  • 利尻カラーシャンプー

    白髪染めでアレルギーになる原因

    白髪染めでアレルギーになる原因は、主に酸化染毛剤(パラフェニレンジアミン)です。

    酸化染毛剤は、髪の毛を染めるのに有効な成分です。1回で簡単に染められるため一般的なヘアカラーに広く普及しています。

    しかし、体調やタイミングによって『ある日突然』皮膚アレルギー反応を起こすケースもあります。

    白髪染めによるアレルギーの症状は、大きく分けて2種類。液が直接付着することによる刺激性接触皮膚炎と、時間差で症状が訪れるアレルギー性接触皮膚炎があります。

    刺激性接触皮膚炎は、かゆみ、腫れ、赤み、ブツブツなどを起こします。アレルギー性接触皮膚炎は、症状がひどくなると腫れやじんましん、呼吸困難になることも。

    1度でもアレルギーになってしまうと、ヘアカラーが使えなくなります。

    パラフェニレンジアミンを使用していないノンジアミン白髪染めシャンプーなら使用することができますのでおすすめです。

    白髪染めシャンプーは頭皮にやさしい

    頭皮にやさしい白髪染めシャンプーは、いろいろなメーカーから販売されていますが、各メーカーとも成分にこだわりを持っています。

    とくに注目したいのが、天然由来の植物成分です。

    頭皮にやさしく髪に潤いを与えてくれ、ダメージのリスクを減らしながら白髪に色をつけていきます。

     植物由来エキス
    利尻カラーシャンプー利尻昆布エキス・アルテア根エキス・アルニカ花エキス・
    オオウメガサソウ葉エキス・オクラ果実エキス・オタネニンジン根エキス・
    オドリコソウエキス・オランダガラシ葉エキス・カミツレ花エキス・
    カワラヨモギ花エキス・ゲンチアナ根エキス・ゴボウ根エキス・
    セイヨウアカマツ球果エキス・セイヨウキズタ葉エキス・センブリエキス・
    ニンニク根エキス・フユボダイジュ花エキス・牡丹エキス・
    ゆず果実エキス・ローズマリー葉エキス・ローマカミツレ花エキス・
    カキタンニン・ムラサキ根エキス・ウコン球茎エキス・
    コシロノセンダングサエキス・加水分解クチナシエキス・水溶性アナトー、計27種類
    白髪染めシャンプー&ヘアパック 黒耀シャリンバイ、ログウッド、大豆、ホップエキス、ラベンダー、コエンザイムQ10、チョウジ、オタネニンジン根エキス、センブリ、シコン
    グローリン・ワンクロス牡丹エキス、芍薬エキス、百合エキス

    白髪染めシャンプーとヘナの関係

    ヘナ入り白髪染めシャンプーはありますが、ヘナだけで色をつけてるわけではないようです。

    100%純粋なヘナは、白髪をオレンジ色に染め、トリートメント効果があります。

    (黒に近づけたい場合は、インディゴ染めをします。)

    ヘナが持つローソンという色素成分が白髪をオレンジ色に染め、内側から毛髪のダメージを修復していくれます。

    長年使い続けていくうちに、くせ毛が改善する効果もあると言われています。

    このように、天然100%のヘナ染めは白髪をオレンジ色に染め、植物の力で本来持ってる髪の力を引き出しながら、ゆっくり整えていくという特徴があります。

    ヘナは本来、ブラックやブラウンに染まりません。

    頭皮と髪のことを考えてヘナ染めをするなら、シャンプータイプではなく100%天然のヘナがおすすめです。

    ただ、体調やタイミングによっては、天然植物アレルギーを引き起こすこともありますので、使用前はパッチテストを行ってください。

    パッチテスト

    白髪染めシャンプーは、酸化剤を使用していませんので、頭皮と髪のダメージを抑えながら染めることができます。

    しかし、体調の変化によるホルモンバランスの影響で、いつもより敏感肌に傾いている場合もあります。

    パッチテストをしっかりすることで、さらに安心して使用することができます。

    白髪染めシャンプーアレルギー・まとめ

    白髪染めシャンプーは、一般的な白髪染めに比べてアレルギーになるリスクを抑えることができます。

    とくに、ジアミン系成分を配合していませんので、ジアミンアレルギーの心配はありません。

    1剤、2剤を混ぜて使用する一般的な酸化染毛剤(白髪染め、おしゃれ染め、ヘアカラーなど)のかぶれアレルギーに悩んでいる人におすすめです。

    ジアミン系のアレルギーに悩んでいる人に試して欲しいですね。

    -白髪染めシャンプー

    Copyright© 白髪染めシャンプーランキング!おすすめは安全・無添加 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.