白髪染め

白髪染めの色の選び方のポイント

投稿日:

▶︎この記事を読む時間:約: 1

白髪染めの選び方は、難しく感じてしまいます。特に色の選び方に迷う女性・男性は多いです。

白髪染めの色の選び方は難しいですよね。

白髪を自宅で染め直す『白髪染め』(ヘアカラー・ヘアダイ)はお手軽にでき、金額的にも安く済ませられるメリットがありますが、自分の髪に似合う色の選びに方に困ってしまうことも。

また、自宅染め(ホームカラー)は、綺麗に明るく染めるコツや、ハイライトやローライトといったテクニックを使うことができません。人によっては地肌のかぶれ・かゆみ・腫れなどのアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあります。薬剤による髪のダメージが気になるところです。

逆に美容院はお値段が高いですが、プロの美容師さんが地肌の状態や「明るく染めたい」「暗くしたくない」という要望に合わせて、その時のトレンドを上手に組み合わせながら、あなたに似合う色を選んでくれるという良さがあります。自宅染め・美容院、どちらもメリット・デメリットはあります。

白髪染めは色の選び方で全体の印象が大きく変わりますよね。

だからこそ、できるだけ自分に合った白髪染めの色を選びたいもの。白髪染めの色の選び方の参考になると幸いです。

白髪染めの色の選び方

白髪染めの色の選び方は、色(カラー)の特性をきちんと把握することで選びやすくなります。

同じカラーでも、色味によって受ける印象が大きく変わってしまいますよね。

白髪染めは色の選び方で印象が大きく関わってきますので、自宅で染める白髪染めの色の選び方の参考にしていただけると幸いです。

白髪染めは色の特性で印象が変わる

白髪染めの色を選ぶポイントは3つあります。色の明度・彩度・色合いの3つを意識すること。

色合いとは色の種類、彩度とは色の濃淡、明度とは明るさの基準です。

例えば、赤系の色を選ぶとしても、彩度や明度によって色(顔の明るさ)の印象が変わってきます。

同じブラウンでも、明度によってライトブラウン、ナチュラルブラウン、ダークブラウンと種類があり印象は変わります。

どの色を選ぶかによって髪や顔の雰囲気が変わり、ファッションまで影響することもありますので慎重に選びたいものです。

自分に似合う白髪染めの色の選び方が分からないという場合は、理想(目標)に合わせて白髪染めを選んでください。

白髪染め色の選び方(赤を選ぶ)

赤系(赤みが強い)は、生命力を表す色相です。肌がツヤっぽく見える働きがあります。肌の印象を変えたい人におすすめです。

白髪染め色の選び方(ブラックを選ぶ)

黒は顔の輪郭を引き締める効果があります。肌の色が引き締まって見えますので、肌をちゃんと見せたいときや落ち着いた大人の雰囲気を出したいときにおすすめです。

白髪染め色の選び方(ブラウンを選ぶ)

ブラウンは顔の輪郭を引き締めながら顔の印象を明るくします。白髪染め・カラーリングでも一番使いやすく人気があるカラーです。

白髪染め色の選び方(オレンジを選ぶ)

オレンジ系は元気な印象を与えてくれます。しかし、黄みが強い肌には難しい色と言われています。オレンジ系を選ぶなら美容院で染めるか、ベージュ系がおすすめです。

白髪染めの選び方のポイント

株式会社カネボウの調査によると、白髪染めの悩みで多いのが自分の髪の色に合わせるのが難しいことだそうです。

多くの女性の方が白髪染めの色の選び方で悩んでいます。

悩みを分けると3つに分けることができます。

1. 自分の髪の色に合った色が分からない

2. 自分に似合う色を選びたい

3. 違和感のない自然な色を選びたい

できるだけ自分に似合う色で、かつ違和感のない自然な仕上がりを望む声が多いです。

他のブログでも言われてることですが、白髪染めの選び方のポイントは大きく分けると2つあります。

白髪染めの色の選び方のポイント

1. 肌の色に合わせて選ぶ

2. 白髪の量で選ぶ

この二つの白髪染めの色の選び方は、理想に近づけるというよりは、目的に合わせて選びます。

白髪染めの色の選び方のポイント(肌の色に合わせる)

自分に似合う色がなかなか見つからないという場合は、肌の色に合わせて選んでみてください。

赤みのある肌の人には、ピンク系やブラウン系と合わせてもOK. 赤系などの暖色系と合わせるのもポイントです。

黄色かかった肌の人は、オレンジ系はやめてベージュ系がおすすめです。落ち着いた感じにするならブラウンがおすすめ。

白髪染めの色の選び方は、肌の色と髪の色の組み合わせで演出し自然な仕上がりにしていきます。もし迷うならブラウン系にしてみてはいかがでしょうか。何色にも合わせやすく人気があります。

白髪染めの選び方(白髪の量で選ぶ)

白髪の量に合わせて白髪染めの色を選ぶのもポイントです。

刺激の少ないヘアマニキュアの場合は、白髪にだけ色がついたように見えますので、白髪の量が多いと明るく見え、白髪の量が少ないと暗く感じることも。

白髪の量に合わせて色の明度を合わせて選んでください。どの色を選んで良いのか分からない場合は、色見本より1つ明るい色を選びましょう。

* 色見本より、ワントーン上げた色を選ぶ。(ヘアマニキュアはワントーン暗めがおすすめ。)

白髪染めの色持ちを良くする方法

白髪染めやカラーリング後は、アルカリ剤によりキューティクルが開いた状態になっていますので、コルテックス(色素)が抜けて色が落ちやすい状態になっています。

白髪染めの色持ちを良くするには、保湿をして開いたキューティクルをしっかり閉じること。

また、毎日のシャンプー後に髪の水分を取ることも褪色を防ぐコツです。

それから、ドライヤーでしっかり乾かすことも大事。キューティクルが閉じ色持ちが良くなります。

カラーリングや白髪染め後の髪の毛は、乾燥気味になっています。使用後はトリートメントでしっかり潤いを補ってあげましょう。

その点、白髪染めトリートメント(ヘアカラートリーント)は、白髪を染めながら美容成分で髪の内側からしっかりケアしますのでおすすめです。

刺激の少ない白髪染めシャンプーと一緒に使用すると、さらに色持ちが良くなります。

白髪染めとカラーリングの特性と種類

白髪染めやカラーリングがどのように髪に色を付けているのか?まずは、その特性を知ることが『白髪染め』のダメージから髪を守る第一歩です。

それでは髪が染まる仕組みを解説しますね。

髪が染まる仕組み(白髪染め&カラーリング)

白髪染めとカラーリングとでは染まる仕組みが少しだけ違います。

カラーリング(おしゃれ染め)や白髪染めは染毛剤(ジアミン系成分)を使用しています。

カラーリングも白髪染めも同じ染毛剤を使用していますが、カラーリング(おしゃれ染め)は、染毛剤(アルカリ剤)の力でキューティクルを開き、脱色と染色を同時に行い髪の内部から色を付けていきます。

白髪染めは脱色する必要がないため、カラーリングに比べてアルカリ成分が抑えられ低刺激です。

しかし、白髪は黒髪に比べて染まりにくいという特徴があります。そのため、白髪染めは内部に染毛剤を浸透させる力が強く、一般的なカラーに比べて白髪染めの方が痛みやすいという美容師さんもいます。

* 白髪染めもカラーリングも、染毛剤(アルカリ)を使った染まる仕組みは基本的に同じですが、『脱色』の過程が異なります。

白髪染め(ヘアカラー・ヘアダイ・ファッションカラー)の種類

白髪染めは、特性によって色の種類が少ない場合もあります。どの白髪染めを選ぶかで色のバランスやバリエーションが変わってきます。

ヘアマニキュア

ヘアマニュキュアは、髪の毛の表面をカラー成分でコーティングして白髪を綺麗に染める白髪染めです。

色の種類は少ないですが、一般的な白髪染めやカラーリングに比べて刺激が少なく、頭皮への副作用が減ります。

髪の表面を覆うため、シャンプーなどで徐々に色が剥がれたり、時間の経過とともに退色します。

しかし、髪の内部に影響をほとんど与えませんので刺激が少なく、一般的な白髪染めアレルギーに悩んでいる人におすすめです。

また、ヘアマニキュアは、黒髪の色を変えることができません。基本的に白髪だけ色がついたように見えますので、全体を明るくしたい人には不向きです。しかし、使うたびに髪にツヤが出てくるという特徴があります。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントは白髪染めトリートメントとも言い、美容成分で髪の潤いを整えながら白髪を染めるヘアマニキュアです。2~4週間に1回の頻度で色をつけていくことから人気があります。色もブラック系、ブラウン系とあり、刺激が少ない白髪染めを求めてる人におすすめです。今は比較的色の種類も増えていますので、人気があります。

白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは、シャンプーするたびに頭皮の汚れを落としながら髪の表面にカラー成分をコーティングしていくヘアマニキュアです。
色の種類もブラック、ライトブラウン、ダークブラウンとあり、ヘアカラートリートメントと併用すると色の持ちが良くなります。

白髪染め(ヘアダイ)

市販されてる一般的な白髪染めです。アルカリ剤でキューティクルを開き、染毛剤の働きで髪の内部から色をつけていくタイプの白髪染めです。

褪色しにくいですが、刺激が強すぎヘアマニキュアに比べて痛みやすく副作用が出ることもあります。

カラーリング(おしゃれ染め)

一般的なカラーリングです。白髪を染める目的ではなく、おしゃれ染めとして使われる市販のカラー剤です。アルカリ剤でキューティクルを開き染毛剤で髪の内部から脱色と染色を同時に行います。

単体では白髪を染めるのが苦手です。色の種類も非常に多くあるため美容院では白髪染めと混ぜて使うこともあります。

刺激が強いためかぶれることもあります。

ヘナ染め(オーガニック)

ヘナは天然成分で髪を染めていきますので、ジアミン系アレルギーの心配がありません。ローソンという色素成分で白髪をオレンジ色に染めていき、ダメージを補修して髪をケアします。

しかし、染めるのに時間がかかりますので、時間をかけてじっくり取り組む必要があります。オーガニックなので色の種類もなく白髪がオレンジに染まります。

白髪染めの色の選び方・まとめ

白髪染めの色の選び方は、肌の色や白髪の量を考慮して全体のバランスを考えて選ぶこと。

どの色を選んで良いのか分からないときは、カラーチャートで見つけた色よりワントーン明る目の色を選びましょう。ブラウン系がおすすめ。(ヘアマニキュアはワントーン暗めを選ぶ)

白髪染めの色の選び方は難しいです。どうしても色の選び方が分からないときは、美容院で相談するのも白髪染めの色の選び方のポイントです。

また、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント(ヘアカラートリートメント)はヘアマニキュアタイプなので、髪の表面をカラー成分でコーティングしただけになります。

そのため、何もしなければ徐々に色落ちしてきますので、気軽に試しやすいです。今はライトブラウン・ナチュラルブラウン・ダークブラウン・ブラックと色の種類もありますので、白髪染めの色の選び方に迷った人におすすめです。(低刺激なとこも嬉しいです。)

また、白髪染めは基本的にメンズ・レディース、どちらを選んでもOK. 成分に違いななく香りが違うだけです。

白髪染めはファッションやメイクや季節に合わせて色を選ぶのも楽しいですよね。

-白髪染め

Copyright© 白髪染めシャンプーランキング!おすすめは安全・無添加 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.