白髪染め・アレルギー副作用

ノンジアミン白髪染め|白髪染め頭皮が痛いあなたへ

投稿日:

※記事の所要時間:約 26 分

ノンジアミンの白髪染め

頭皮に優しい白髪染めです

ノンジアミン白髪染め 通販

たま
たま
本格的なノンジアミンの白髪染めを通販で購入できたら良いよね。
うん。頭皮のためにもノンジアミンの白髪染めを使いたい!
ぽち
ぽち

ジアミンフリーの白髪染めを探してる人の参考になると嬉しいです。

利尻カラーシャンプー

  • 無添加ノンシリコーン
  • 根元までムラなく染まる
  • シャンプーするだけ

頭皮と髪にやさしい、ノンジアミンの白髪染めシャンプーです。
↓ ↓ ↓

>>利尻カラーシャンプー詳細をみる

ポイント

周りを汚さず準備や後片付けなし

利尻カラーシャンプー

ジアミンフリーと言えば、妊娠中の白髪染めも成分が大事。参考になると幸いです。

ポイント

ホルモンの影響でいつもより敏感肌に傾くことも。

たま
たま
それでは、コラム記事『ノンジアミンの白髪染め!』いってみよう!

ノンジアミン白髪染め

一般的なヘアカラー(酸化染毛剤)を使い続けた結果、かぶれた経験があったり、または、かぶれ・痒み・腫れなど、普段から皮膚アレルギーの不安を感じてるなら、酸化染毛剤を使用していないタイプの白髪染め(ヘアマニキュア)がおすすめです。

従来のヘアカラー剤のほとんどに、ジアミンが含まれてると言われています。

1度でもヘアカラーでかぶれた経験がある人は、今後、いかなるヘアカラー剤(酸化染毛剤)も使用することはできないと言われていますよね。。。。

たま
たま
うん、1度でも白髪染めでかぶれちゃうと2度と白髪染めはできないって聞くよね。
ウソっ?!白髪染めができなくなる???
ぽち
ぽち

でも、一般的なヘアカラー剤(白髪染め)のような酸化剤を使用している白髪染めではなく、酸化剤を使用しないヘアマニキュアタイプ(ノンジアミン)の白髪染めなら染めることはできます。

ヘアマニキュア?
ぽち
ぽち
たま
たま
うん、ヘアマニキュア
たま
たま
それから、オハグロ式もあるね。お歯黒式白髪染めは後で解説しますね。

ヘアマニキュアデメリット

全体的な色を変えられない(白髪だけ色がついたように見える)

表面をカラー成分で覆うため、染めた箇所は脱色できない

色落ちが早い

濡れていると色移りすることも

ヘアマニュキュアメリット

髪の毛のダメージがほとんどない

ツヤのある仕上がりになる

かぶれのリスクを抑える

アルカリ剤が入ってないためツンとする匂いがない

色の発色が良い

ヘアマニキュアは、一般的なヘアカラーのように永久染めではありませんが、皮膚アレルギー(かぶれ・かゆみ・腫れ)の心配がある人でも使用できる特徴があります。

ヘアマニキュアは、髪の毛の表面をキレイにコーティングしてツヤのある仕上がりにしてくれて、髪の毛へのダメージがほとんどないと言われています。

ノンジアミンの白髪染めを探してる人におすすめです。

サロンでもヘアマニキュアをしてくれますので、相談されても良いかもしれませんね。

サロンは地肌を染めないテクニックや、付着したヘアカラー成分を落とすテクニックもありますので腕の上手い美容師さんにお願いしてみても良いと思います。

でも、「サロンに行く時間がない」という場合は、ヘアマニキュアタイプの白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントがおすすめです。

白髪染めシャンプーは、髪と頭皮をいたわりながらやさしく白髪に色をつけていきますので、テクニックや慣れが要りません。

ただ、白髪染めシャンプーはシャンプーするだけで白髪をやさしくぼかして上手に目立たなくさせるタイプの白髪染めなので、一般的なヘアカラー剤のような染まり具合を期待すると物足りないかも。。。

そういう場合は、白髪染めトリートメントと併用することで色持ちが良くなり、誰でも簡単に自宅にいながらヘアマニキュアを使用したノンジアミンの白髪染めができます。

たま
たま
そうだね、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントなら難しいテクニックは必要ないよね。
ぽち
ぽち
なるほど。。。

ジアミンアレルギー症状

白髪染め(ヘアカラー剤)による頭皮の痛みは、大きく分けると2種類に分類できます。

白髪を染める際に、液体などが頭皮、生え際、耳の後ろ、首、額などに直接付着することによる「刺激性の痛み」と、「アレルギー性の痛み」に分けることができます。

注意ポイント

(1)刺激性接触皮膚炎
(2)アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)

(1)刺激性接触皮膚炎

刺激性皮膚炎を簡単にお伝えすると、刺激物質が頭皮に付いた時に炎症を起こしてしまう症状です。

体質に関わらず誰にでも起こり得る炎症で、敏感肌の人や皮膚のバリアー(抵抗力)が一時的に落ちていたりすると起こりやすいです。

アレルギー性接触皮膚炎に比べると比較的治りも早く、原因になってる刺激物質をすすいだり除去することにより回復に向かいます。

(2)アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)

アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)は、アレルギーの原因になってる物質に対する過剰な免疫反応です。

白髪染め(ヘアカラー剤)によるアレルギー性接触皮膚炎は、酸化剤(主にジアミン成分)が原因となっています。

アレルギー性接触皮膚炎は、刺激性皮膚炎に比べて症状が重くなり長期化することもあります。

アレルギー反応を繰り返していくと、かゆみや腫れ、ブツブツになり、それでもストップせずに使い続けていくと、顔全体が腫れたり、重い症状を引き起こす可能性があります。

今までアレルギー症状が出ていなかった人でも、ある日突然に発症することもありますので、頭皮に痛みを感じた場合は病院で診察することをお勧めします。

また、アレルギー性接触皮膚炎(遅延型アレルギー)は、遅延型アレルギーと言われてるだけあって、基本的に染めた後6時間〜半日くらいから症状が現れていきます。

かゆみ・腫れ・赤み・ブツブツなどの症状が現れ、染めた後48時間後に最も症状がひどくなると言われています。

「あれっおかしいな?」と思ったら白髪染めをストップして皮膚科にいくことも大事です。

たま
たま
タイミングや体調によって発症するのかもしれないね。
そうだな。症状が現れたら使ってる白髪染めはストップだな。
ぽち
ぽち
たま
たま
そうだね。

白髪染めで頭皮がかぶれたら

頭皮に何らかの異常を感じたらすぐに白髪染め(参加染毛料)はストップしてください。

頭皮の腫れや痛みに気がつかず使い続けていくと、遅延型アレルギーの場合は顔全体が腫れてきたり、接触性皮膚炎の場合は、広範囲で炎症を引き起こすこともあります。

頭皮の異常を軽く考えて断続して酸化染毛剤を使用していくと、呼吸困難や血圧低下による意識障害を起こすこともあるそうです。

軽い症状だからといって自己判断せずに、必ずヘアカラー剤をストップして診察を受けてください。

白髪染めアレルギー対策

頭皮がヘアカラー剤(参加染毛料)でアレルギーになってしまうと、酸化剤を使用した一般的な白髪染めを使うことは2度とできません。

たま
たま
そうだね。白髪染めはできなくなるんだ。
それは困る!!!
ぽち
ぽち

酸化剤を使用していないヘアマニキュアタイプの白髪染めシャンプーや[白髪用]ヘアカラートリートメントで染めることはできます。

たま
たま
ヘアマニキュアは、薬品(酸化剤)を利用した一般的な白髪染めに比べて安心して使うことができるね。
でも、ヘアマニキュアは色持ちが悪くすぐに色が落ちてしまうんだろ?
ぽち
ぽち
たま
たま
そうだね。安全とは裏腹にそういうデメリットもあるよ。
たま
たま
ただ、そういう場合はさっきも言ったけど、シャンプーに何を使うかがポイントだね。

ヘアマニキュアの色持ちを良くさせるポイントは、無添加のノンシリコンタイプの白髪染めシャンプーです。

もし、市販の白髪染めで皮膚アレルギーになってしまったら、このブログでも紹介している無添加の白髪染めシャンプーと、白髪染めトリートメントを参考にしていただけると幸いです。

白髪染めと5年、10年と長く安全に付き合っていくためのヒントにして下さいね。

白髪染めシャンプー & 白髪染めトリートメント
白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め

※記事の所要時間:約 51 分 白髪染めシャンプーランキング 白髪染めシャンプーランキング、おすすめを紹介しています。 このブログは、人気のある白髪染めシャンプーをランキング形式でおすすめ紹介していま ...

続きを見る

ヘアカラーアレルギー対策

白髪染めを続けているとある日突然、なんの前触れもなく頭皮が痛くなることがあります。

ご存知のように、頭皮の痛みの原因は今使われてる白髪染め(酸化染毛剤)の可能性が大きく、できるだけ早めに皮膚科などを受診されるようにしてください。

病院で白髪染めをしてるということをお伝えして、できれば、使われてる白髪染めも一緒に持っていった方がお医者さんもアドバイスしやすいかもです。

酸化染毛料によるかぶれなどの皮膚アレルギーは、今後、何度も繰り返すと言われていますよね。

脅かすわけではありませんが、先ほどお伝えしたように、軽い気持ちで繰り返し染め続けるのは非常に危険です。

ぽち
ぽち
うん、そうだね。。。

病院では、二度と白髪染めはしないようにアドバイスされるはずですよ。

でも、白髪染めを一生できないとなると、社会的なコミニケーションがすごく困りますよね。

二度と白髪染めができないのかと考えると、外出したり人と会うことが億劫になってしまいます。

身だしなみとして、白髪をきちんと染めることができないのはすごくショックですし、今後のことを考えると怖くなるんじゃないかな。

また、仕事的にも困る場合もあります。。。

白髪染めは、突然、染めることができなくなるということは、あらゆる人間関係に影響を与えることもあります。

たま
たま
白髪染めができなくなるのは本当に困るよ。

白髪染めでアレルギーになったらノンジアミン

先ほどお伝えしたように、酸化剤を使用していないヘアマニキュアなら白髪を染めても大丈夫です。

ぽち
ぽち
うん。

例えば、酸化染料(ジアミン系成分)を使用していない、ノンジアミンのヘアマニキュアで有名なものに白髪染めトリートメントがあります。

ぽち
ぽち
うん、自宅染めにおすすめなんだよな。

白髪染めトリートメントは、ヘアマニキュアタイプのジアミンフリーです。

白髪染めが原因による、かぶれ・かゆみ・腫れによる痛みから白髪染めができなくなったという人におすすめです。

ヘアマニキュアは、酸化染毛剤を使用してる一般的な白髪染めに比べて、洗髪による色持ちが悪いというふうに言われたり、染まりにくいというようなことを見かけたりします。

たま
たま
ただ、この原因は、今使ってるシャンプーにあるかもです。
どういうこと???
ぽち
ぽち

シリコーンが入ってるシャンプーを使用していると、シリコン膜が髪の毛の表面を覆ってしまい、ヘアマニキュアのカラー成分や美容成分が行き渡りにくくなってしまうということもあります。

また、必要以上に洗浄力の強いシャンプーを使用していても、カラー成分まで落としてしまったり、キューティクルを荒らして乾燥させてしまうと、ますます白髪染めトリートメントは染まりにくくなってしまいます。

シャンプーが染まりにくい原因か???
ぽち
ぽち

そういう場合は、先ほどお伝えしてように白髪染めシャンプーと一緒に使用してみてはいかがでしょうか。

例えば、2~3週間に1度程度のペースで白髪染めトリートメントを使用して全体的にしっかり染める。

そして、毎日のシャンプーに白髪染めシャンプーを使うことで、面倒くさい白髪染めを意識することが無くなります。

お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染め

お歯黒式白髪染めは、酸化剤でかぶれた経験がある人でも比較的安心して使用できるノンジアミン白髪染めです。

脱色しませんのでオシャレ染めのような染め方はできませんが、酸化染毛剤に弱い頭皮に使用することができます。

特徴は、髪の内部で鉄イオンと多価フェノールという成分の働きで黒く染めていきます。

お歯黒式は、酸化剤を利用しないノンジアミンですが、まれにかぶれを起こす可能性もありますので、パッチテストは必須です。

お歯黒式白髪染めは、市販の『オハグロ式白髪染めマロン』などもありますので、ヘアマニキュアと同時に検討してみてはいかがでしょうか。

ノンジアミン白髪染めマロン

ノンジアミン白髪染めマロン

  • 画像はマロン・マインドカラー公式サイトより
  • 『ノンジアミン白髪染めマロン』は、酸化染毛剤によるかぶれで「白髪染めができなくなった!」という人におすすめです。

    マロン・マインドカラーは、酸化染毛剤を利用せず、天然植物染料(ポリフェノール類等)と鉄塩の化学反応を利用して白髪を染めていきます。

    ノンジアミンなので、ジアミン系アレルギーの不安を抱えてる人でも使用することができます。

    マロンは1剤と2剤があります。

    1剤に配合されてるのがポリフェノール類等で、2剤に配合されてるのが鉄塩です。

    マロンの使い方は少し面倒ですが、ジアミン系アレルギーを起こすことはありませんので試してみても良いかもです。

    マロン・マインドカラー使い方

  • 1、最初に1剤をつける(キューティクルを開けてポリフェノールが髪の毛の内部に入り込む)
  • 2、約15分放置する。
  • 3、次に2剤を塗り約15分ほど放置する。(ポリフェノールと鉄塩が化学反応を起こし黒く染めます。)
  • 4、洗い流す。
  • マロン マインドカラーは、1剤と2剤を別々に時間差で使用するタイプです。

    最初に1剤を塗り、15分放置した後、2剤を塗り約15分放置します。

    同じトレーに1剤と2剤を混ぜて使用することはできませんので、注意してくださいね。

    カラーは3色

    自然な黒褐色(白髪部分が紫から濃い青系の色に染まる。全体的に地毛が明るい場合は暗くなる。)

    ソフト黒褐色(白髪部分が紫から濃い青系を感じる色に染まる。全体的に地毛が明るい場合は暗くなる。)

    明るいブラウン(白髪を明るいブラウンに染める)

    ※ 黒髪を明るくすることはできません。

    ジアミン系成分でかぶれた経験がある人は、お歯黒式の白髪染めはおすすめです。

    酸化剤のかぶれで困ってる人でも使用することができます。

    しかし、まれにアレルギーを引き起こす可能性もありますので、使用前のパッチテスは必須です。

    お歯黒式白髪染めは、市販されてる一般的なヘアカラーに比べて安全ですが、1剤と2剤を使い分けるなど、使用方法が少しだけ面倒かもしれません。

    忙しいママや、残業続きでクタクタになってる時期に作業を行うのは大変かも。

    そういう場合は、ヘアマニキュアタイプのノンジアミン白髪染めトリートメントを試してみてはいかがでしょうか。

    白髪染めトリートメントもノンジアミンです。

    白髪染めトリートメントノンジアミン

    白髪染めトリートメント

    お歯黒式ヘアカラーも比較的安心して使用することができますが、使い方が少しだけ面倒です。

    残業が続くような忙しい時期や、クタクタに疲れて帰ってきた後にお歯黒式で染めるのは手間がかかります。

    ノンジアミン白髪染めマロンは、1剤、2剤を時間を開けて時間差で使用するのが少しだけ大変かな?という感じがします。(気分の持ち方かもしれませんね。)

    そういうときは、白髪染めトリートメント(ノンジアミン )を活用してみませんか。

    白髪染めトリートメントは、トリートメントの有効成分を髪の毛を内部に浸透させながら白髪を染めていきますので、「髪がパサパサになってきた?」「ジアミン系アレルギーが心配!」という人におすすめです。

    白髪染めトリートメントはいろいろな種類が販売されていますが、無添加ノンジアミンの利尻ヘアカラートリートメントとノンジアミン白髪染めルプルプが人気があります。

    利尻ヘアカラートリートメントもルプルプも酸化剤を使用してませんので、ジアミン系アレルギーを引き起こすことはありません。

    ジアミンフリーを探してる人の頭皮におすすめです。

    ノンジアミン白髪染めルプルプ

    LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

    新しく生まれ変わったルプルプは5つをニューアルしています。

  • 1、色持ちしにくい
  • 2、染める力アップ
  • 3、テクスチャーが塗りやすくなった
  • 4、髪のツヤを出す
  • 5、5種類の美容オイル
  • ルプルプの特徴

    5つの無添加にこだわり、ジアミン系成分不使用。

    無香料・無鉱物油・ジアミン系酸化染毛剤不使用・タール系色素不使用・アレルギーパッチテスト済み

    カゴメ昆布フコイダン配合

    北海道函館近海に生息しているカゴメ昆布(フコイダン)配合。

    カゴメ昆布はデリケートで、その成分は美容や健康で注目を集めているそうです。

    また、ルプルプオリジナル成分『ルプルプWフコイダン』(フコイダンの2つの分子を組み合わせた)で、頭皮をしっかり保湿して潤いを与えていきます。

    ルプルプ香り

    3つのエッセンシャルオイル(ラベンダー油・オレンジ油・ローズマリー油)を配合。

    毎日使用したくなるような心地よい香りを実現しています。

    ルプルプは、肌に付着しても石鹸でキレイに洗い流すことができ、人気がある白髪染めトリートメントです。

    ルプルプを活用してノンジアミン白髪染めを自宅でしてみませんか。
    ↓ ↓ ↓

    >>ルプルプ詳細をみる

    ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

    ルプルプ詳細コラムです。

    ルプルプや利尻ヘアカラートリートメントなど、有効成分で髪の内側から整えていく、白髪染めトリートメントをランキング形式で紹介しています。こちらも参考にしていたけると幸いです。

    白髪染めトリートメント
    白髪染めトリートメントランキング|おすすめ白髪染め

    ※記事の所要時間:約 23 分 白髪染めトリートメントランキング 白髪トリートメントおすすめランキングを紹介しています。 たま 白髪染めトリートメントは何を選んで良いのか迷うよね。 うん。頭皮と髪(毛 ...

    続きを見る

    ヘナ白髪染め

    ノンジアミン白髪染めを意識しだすと、避けては通れないのがヘナです。

    ヘナの葉には、ローソンという色素成分があります。

    ローソンは、髪の成分ケラチン(タンパク質の一種)に働きかけ、白髪を赤みのあるオレンジ色に染めていきます。

    キューティクル部分から入り込み、傷んだ髪を修復しながら白髪を染めてくれる特徴があります。

    従来の白髪染めで頭皮がピリピリした経験が一度でもあるなら、ヘナが持つ天然のチカラは魅力的ですよね。

    しかし、髪質や気温や自分で準備するヘナの出来によっては、染まり具合に影響が出ることもあるようです。

    自宅で染めるには、少しだけ難しいのかな?というか印象もあります。

    ヘナの葉に含まれるローソンという色素成分は、繰り返して染めていくうちに、オレンジ色が重ねられて深みのあるワインレッド色に変わっていくのも特徴の一つです。

    また、全体的に色はついていますが、白髪にだけ色がついてように見えるのも特徴の一つ。

    おしゃれ染めのように、黒髪を明るい色にするという染め方はできませんので、「白髪染めついでに全体の髪色を変えたい」という染め方できませんので注意が必要です。

    何度か重ねて染めていくうちに深みのある色に変わっていきますが、「レッド系が合わない」という場合は、さらに、上からインディゴ染めをして黒髪に近づけていきます。

    自宅でヘナ染めをするなら、良質なヘナを選ぶことがポイント。

    お手軽にできる市販のヘナの中には、酸化剤などが配合されてるものもあり、頭皮のかぶれや傷みの原因になることもあります。

    良質な100%天然ヘナを選ぶことが重要です。

    ノンジアミン(市販)

    市販されてるノンジアミン製品で使いやすいのは、ヘアマニキュアです。

    ヘアマニキュアタイプの白髪ケアは、いろいろなメーカーから発売されていますので、自分の好みで選ぶことがポイント。

    ドラッグストアで気軽に購入したいなという人は、ホーユーから出ているシエロシリーズのオイルインヘアマニキュアが良いかも。

    ヘアマニキュアは酸化剤を使用していませんので、ジアミン系のヘアカラーが使えない人でも使用することができます。

    市販(実店舗)されてるヘアマニキュアは、ドラッグストアやスーパーで購入することができますので、気軽に始めることができ便利です。

    しかし、同じヘアマニキュアでもトリートメントなら、天然のうるおい成分が配合されており、傷んだ髪を修復しながら白髪をトリートメント染めしてくれます。

    「髪がパサついてきた」「従来の白髪染めで痛んできたな〜」といいう人には、髪と頭皮に優しい白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントがおすすめです。

    ノンジアミン(通販)

    ノンジアミンの白髪染めでおすすめは、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメント。

    ジアミン系の製品を使用することができない人でも気軽に試すことができ、簡単に染めることができます。

    白髪染めシャンプー

    白髪染めシャンプーは、毎日のシャンプーに替えるだけで白髪を目立たなくすることができます。

    デメリットは、時間がかかることと、薬剤を使用して染めるタイプのような染まり具合にならないこと。

    『しっかり染める』というよりは、シャンプーしてるだけで白髪をぼかし、全体的に目立たなくしていく白髪ケアです。

    メリットは、いつものシャンプーの中で白髪がいつの間にか目立たなくなってること。

    本当に自然な仕上がりです。

    準備や後片付けが要らず、白髪を染めることを『意識』することがなくなります。

    頭皮に優しく忙しい人でも続けやすいので気楽。

    「白髪染め面倒くさい」と感じてる人や、仕事やプライベートが忙しく『染める時間』を作れない人にこそおすすめです。

    白髪染めトリートメント

    白髪染めトリートメントは、傷んだ髪を修復しながら白髪を染めていきます。

    デメリットは、ケミカル染めのように、髪の毛の内部に酸化染毛剤を浸透させて色をつけないので、色持ちが2~3週間くらいしか持たず、シャンプーするたびに少しずつ色が落ちていくところ。

    メリットは、白髪を染めるというだけではなくトリートメント効果があることです。

    天然由来のうるおい成分などの有効成分を、髪の内部に浸透させて、傷ついてる髪を内側から整えていきます。

    従来の白髪染めを使っていて、髪のパサつきやダメージなどを実感してる人や、ジアミン系成分によるかぶれ、かゆみ、腫れなどのアレルギーが心配な人におすすめです。

    酸化剤を使用していませんので色持ちは長くありませんが、白髪染めシャンプーと一緒に使用することにより、色持ちが良くなり染める作業が楽になります。

    頭皮に優しい白髪染め

    無添加の白髪染めシャンプーとヘアカラートリートメントは、地肌と髪の毛をいたわりながら、無添加の力で白髪を優しく染めていきます。

    白髪染シャンプーと白髪用ヘアカラートリートメントの用途は全く違います。

    例えば、無添加の白髪染めシャンプーは、いつものシャンプーに替えるだけで洗髪しながら白髪を少しずつ染めてい時に使用します。

    無添加の白髪用ヘアカラートリートメントは、2~3週間に1度くらいのペースで全体をしっかり染めたい人に最適です。

    白髪染シャンプーは、頭皮に無理なく徐々に染めていくタイプの白髪染めで、白髪用ヘアカラートリートメントは、1~2度くらいで染めます。

    スピード重視ならヘアカラートリートメント、毎日のシャンプーの中で「白髪染めの作業」を意識することなく、ゆっくり染めていきたいなら、白髪染シャンプー。

    ただ、白髪を自宅で安全に染める理想のスタイルは、最初に全体をしっかり白髪用ヘアカラートリートメントで染めた後、毎日のケアに白髪染めシャンプーを使うこと。

    両方を組み合わせることにより、さらに色の定着がしっかりして長持ちします。

    ポイント

    酸化剤(ジアミン系成分)を使用した一般的な白髪染めは、きれいに染めても早い人は10日くらいで生え際の白髪が気になりだしてきます。

    ヘアマニキュアタイプのトリートメントは髪の毛に優しいですが、10日くらいで生え際の白髪が気になりだしてきます。

    また、使用しているシャンプーによって、シリコーン膜が髪の毛を覆ってしまいヘアマニキュアのカラー成分が定着しにくかったり、洗浄力の強いシャンプーに至っては、汚れと一緒にカラー成分まで落として髪の毛を乾燥させてしまい、ますますヘアカラートリートメントが染まり辛くなってきます

    白髪用トリートメントでしっかり染めた後、毎日のケアに白髪染めシャンプーを使用することで「洗う」と「染める」を同時に行い生え際やつむじの染め忘れの心配がなくなり、色の定着も長持ちさせてくれます。

    白髪染めを選ぶとき、成分に注目することも大事ですが、今使ってるシャンプーによっても「染め」に影響を与えます。

    白髪染めにとって、シャンプーをどういったものを選ぶかでも大きな影響を与え効果も変わってきます。

    たま
    たま
    「このヘアカラートリートメント染まらない!」という場合、使ってるシャンプーの成分の影響というのも考えられるね。

    白髪染めにシャンプーはすごく重要です。

    できれば、最初に白髪染トリートメントで全体をしっかり染めた後、毎日の白髪ケアに白髪染めシャンプーを使用すると色の定着も良くなり、生え際や根元の染め忘れの心配もなくなります。

    ぽち
    ぽち
    なるほど!!!

    白髪染めで頭皮ヒリヒリする人へ

    このブログで紹介している白髪染めシャンプーと[白髪用]ヘアカラートリートメントは、20年以上も無添加製品にこだわってきたノンジアミンの白髪染めです。

    かぶれた経験のある人や敏感肌の人の白髪染めにおすすめです。

    無添加のノンジアミン白髪染めシャンプーは、「染める」と「洗う」を同時にしてくれますので、白髪染めの準備や後片付けもなく、いつものシャンプーに替えるだけで黒髪をずっとキープさせることができます。

    シャンプーしてるだけで、生え際・つむじて・分け目・もみあげの白髪も染まっていきますので、忙しい方でも続けやすいですよ。

    無添加の白髪染めシャンプーは、「酸化剤不使用」のヘアマニキュアタイプのノンジアミンです。

    一般的な白髪染めのような、酸化剤によって染毛剤を髪の毛の内部に浸透させません。

    だから、ノンジアミン系の白髪染めを探してる方や、髪の毛に薄毛の不安のある方にもおすすめです。

    ただ、徐々に優しく染めていきますので、1~2回で染めることができません。

    私の経験で恐縮なのですが、5~10回くらいで白髪に色が付き、1本使い切るくらいには目立たなくなっていました。

    本当に自然な形で染め上げていきます。

    白髪が染め上がっていく過程は、周りの方は気がつかないと思います。(それくらいナチュラル)

    でも、「週末の結婚式やクラス会まで、白髪を染めたい!」という方もいると思うんですね。

    そういうスピードを重視される場合は、先ほどお伝えしたようにノンジアミンタイプの白髪用ヘアカラートリートメントがおすすめですよ。

    利尻ヘアカラートリートメント

    白髪の量や髪の毛の長さにもよりますが、乾いた髪の毛にたっぷりトリートメントを付けて、30分~1時間くらいおいてシャンプーで洗い流すだけでOK。

    「染まりが足りない?」と思う場合は、2~3回続けて染めてくださいね。

    白髪染めシャンプーと一緒に使うことにより、お互いの相乗効果で色持ちがすごく良くなるし、髪の毛と頭皮にやさしいとこがポイント。

    一般的な白髪染めに替えて、ノンジアミンのヘアマニキュアを白髪染めに試してみても、髪の毛と頭皮に損はないかも。

    たま
    たま
    酸化染毛剤を使用している一般的な白髪染めは、色持ちは良いんだけど、地肌と髪の毛のダメージの蓄積が怖いよね。
    うん。本当にそうだな。全てが悪いというわけじゃないけど、用心するに越したことないからな。
    ぽち
    ぽち
    たま
    たま
    酸化染毛剤(ジアミン系成分)の皮膚アレルギーは、花粉症のようにある日突然、襲ってくるから分からないんだよね。
    くわばら、くわばら。
    ぽち
    ぽち

    パラフェニレンジアミン未使用

    ネットでノンジアミンタイプの白髪染めを通販で購入しようと思って調べてみると、いろいろな情報がたくさんあって、いまいちどれを選んで良いのか分からないかもしれません。

    また、オーガニックなど、ヘナ白髪染めを探してみても、自宅で染めるのが難しいというような口コミなどを見かけます。

    ジアミン系の成分を使用しない無添加オーガニックタイプは、どうしても染まりが弱かったり、色持ちが悪いということも聞きますよね。

    時間をかけて頑張って染めても、10日くらいで根元に白いものが見つかるとがっかりしてしまいます。

    ぽち
    ぽち
    この根元の白髪が本当に面倒だな。

    使用しているシャンプーも白髪染めにはすごく重要です。

    せっかく綺麗に染めても、毎日使用しているシャンプーが洗浄力の強いシリコーンタイプだと、汚れと一緒にカラー成分まで落としてしまうこともあります。

    また、シリコーン膜が、頭皮と髪の毛を覆ってしまうと、ヘアマニキュアのカラー成分や美容成分が行き渡りにくくなることも。。。

    また、洗浄力の強いシャンプーを使用していると、キューティクルが荒れてしまい髪の毛が乾燥してしまいます。

    髪の毛が乾燥してしまうと、ますますカラー成分が付きにくくなり、結果的に「ヘアマニキュアは染らない!!!」というふうになってしまうこともあります。

    すごくもったいないです。

    毎日、使用しているシャンプーひとつ取って見ても、色々なことが複雑に絡み合って、白髪染めに影響を与えることが分かります。

    そういうことを考えてみると、無添加のノンシリコーン白髪染めシャンプーは、洗浄力やカラー成分だけが良いというだけではなく、天然植物由来の潤い成分をたっぷり配合してるところがポイント。

    だから、利尻ヘアカラートリートメントと一緒に使うことで、お互いのカラー成分の色持ちが良くなり、ずっと黒髪をキープさせることができるのですね。

    利尻白髪染めシャンプー

    今は白髪染めシャンプーは、いくつかのメーカーさんから発売されていますが、『自然派clubサスティ』さんが開発・販売されてる利尻カラーシャンプーがおすすめです。

    まだ、どのメーカーさんも「無添加」というものを唱えてない時代から、20年以上もずっと「無添加」というものにこだわっています。

    少しでも体に害のあると思われる成分は使いたくないという想いから、毎日使っても安心できるように、成分には食品レベルくらいの品質を求めてるそうです。

    たま
    たま
    すごい!
    ぽっと出の会社とは違い、20年以上も無添加にこだわりと誇りを持ってるんだな。
    ぽち
    ぽち

    ちなみに、利尻カラーシャンプー、利尻ヘアカラートリートメントを始め、「利尻カラーケアシリーズ」には、『パラフェニレンジアミン』などジアミン系の成分は一切使用していませんので、地肌と髪の毛に不安がある人の白髪染めにおすすめです。

    酸化染毛剤(ジアミン系の成分など)を使用していませんので、一般的な白髪染めのようなジアミンが原因のかぶれ・痒み・腫れ、などにはなりません。

    でも、全てのアレルギーに対応するのは不可能なので、万が一のためにパッチテストはやった方が良いと思います。

    白髪染めシャンプー&ヘアカラートリートメント

    ノンジアミン利尻カラーシャンプーは、シャンプーやコンディショナー、ヘアカラー剤などに含まれる成分が頭皮から吸収される「経皮吸収」ということについても考えられて開発されています。

    利尻カラーシャンプー

    また、利尻カラーシャンプーは、「洗い」ながら白髪を「染める」という2つのことを同時に行いますので、忙しいお母さんにこそ使って欲しいかな。

    妊婦 白髪染め

    個人的な感想で申し訳ないのですが、利尻カラーシャンプーに替えて、白髪染めという「作業」を意識することがなくなりました。

    いつものように、風呂場でシャンプーしてるだけで、生え際・分け目など、根元の白髪も染まってくれますので、本当に白髪染めが簡単になりました。

    今までの白髪染めは、周りが汚れないように注意しながら染めていましたが、白髪染めシャンプーに替えてから、風呂場で洗い流すだけでOKなので、本当にラクです。

    地肌を染めませんので、「恐る恐る染める」ということもなくなりましたよ。

    たま
    たま
    利尻カラーシャンプーはノンジアミンのシャンプーで、「洗い」ながら「染まり続けてる」から白髪染めが楽になるよね。
    うん。このことが、どれだけのお母さんたちの白髪染めを楽にしてるか。。。
    ぽち
    ぽち
    たま
    たま
    ほんとそうだね。

    ノンジアミン白髪染め通販・まとめ

    今まで使っていた白髪染めが原因になって、頭皮に痒みや何らかのトラブルが現れて、白髪染め自体ができなくなったという人は多いと思うんですね。

    一般のシャンプーやコンディショナーやヘアカラー剤には、頭皮の毛穴から吸収されやすい合成界面活性剤などが多く含まれているのもあり、、使い続けることによってアレルギーを引き起こすこともあるそうです。。。

    とは言っても、過度に恐れることはないんじゃないかな。

    でも、気をつけたいものですよね。

    一般的な白髪染め(酸化染毛剤)を使用していると、髪の毛と頭皮の不安は出てくると思います。

    ジアミン系の成分を使った一般的な白髪染めのアレルギーは、花粉症と同じように「ある日突然」発症する恐れがあるので本当に不安です。

    おすすめの無添加白髪染めシャンプーは、ノンジアミンであることはもちろんのこと、「洗う」と「白髪染め」を同時に行いますので、忙しい方でも続けやすいですよ。

    でも、できれば、白髪染めという「作業」はやらずに、頭皮と髪の毛を自然な形で過ごしたいところだと思います。

    白髪染めは面倒くさいですよね。

    白髪染めを積極的に「大好き」という人はいないんじゃないかな。

    だからと言って、好きじゃないから「や〜めた!」というわけにはいかないですよね。

    利尻カラーシャンプーは、『パラフェニレンジアミン』など、ジアミン系の成分は一切、使用していません。

    ノンジアミンというだけではなく、カラー成分、洗浄力、美容成分、など総合的にみても髪の毛と地肌に優しい白髪染めです。

    いつものシャンプーする時間の中で、白髪染めが完了していますので、いつまでも黒髪をキープさせることができますよ。

    今のように、「無添加」ということが叫ばれてなかった頃から、20年以上も無添加にこだわり続けてきたメーカーさんが作ってる白髪染めシャンプーを上手に活用してみませんか。

    白髪染めシャンプー詳細をお伝えしていますので参考にしてみてくださいね。

    白髪染めシャンプー & 白髪染めトリートメント
    白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め

    ※記事の所要時間:約 51 分 白髪染めシャンプーランキング 白髪染めシャンプーランキング、おすすめを紹介しています。 このブログは、人気のある白髪染めシャンプーをランキング形式でおすすめ紹介していま ...

    続きを見る

    白髪染めシャンプーランキング

    利尻カラーシャンプ

    利尻カラーシャンプー

    こんな方におすすめ

    • 無添加ノンシリコーン
    • 根元までムラなく染まる
    • シャンプーするだけ

    白髪染めシャンプー&ヘアパック 黒耀

    こんな方におすすめ

    • 奄美大島のシャリンバイ(草木染め)
    • 11年のロングセラー
    • 無添加・無着色・無香料

    グローリン・ワンクロス

    グローリン・ワンクロス

    こんな方におすすめ

    • 週に一回のシャンプー
    • 牡丹エキス・芍薬エキス・百合エキス
    • ヘマチン配合

    -白髪染め・アレルギー副作用
    -,

    Copyright© 白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.