白髪染めシャンプー アレルギー(副作用)

くせ毛で剛毛の白髪染めは大変!髪の毛に負担のない白髪染めは?

投稿日:

※記事の所要時間:約 6 分

くせ毛 白髪染め

たま
たま
くせ毛や剛毛で白髪染めに悩んでいる人は多いよね。
そうだな。くせ毛や剛毛はなかなか染まりにくいこともあるからな。
ぽち
ぽち

この記事は、くせ毛や剛毛の白髪染めで悩んでいる人の参考になると嬉しいです。

癖毛の方におすすめ

  • 無添加ノンシリコーン
  • 根元までムラなく染まる
  • シャンプーするだけ

天然の潤い成分でしっとりさせて、徐々に染めていきます。
↓ ↓ ↓

>>利尻カラーシャンプー・詳細をみる

ポイント

初回限定1000円割引

利尻カラーシャンプー

たま
たま
それでは、コラム『くせ毛で剛毛の白髪染めは大変!』スタートです!

くせ毛や剛毛でも、髪と頭皮に負担のかからない白髪染めとは?

くせ毛や髪の毛の量が多い、剛毛、など髪の毛の不安を抱えてる人の白髪染めは本当に大変です。

歳を重ねていくほど、髪の毛の悩みや不安は増えていき、考えると疲れてしまい、少しだけ気分が落ち込んじゃいますよね。

おまけに40代〜から、白髪の問題も深刻になってきますので、白髪染めによる頭皮と髪の毛の負担を考えてみると、このまま染め続けていくことができるのか?ちょっと怖くなることもあります。

白髪染めという作業は、一度でも染め始めてしまうと、簡単に止めることができないところが辛いところです。

特に、くせ毛や縮毛矯正をしてる人や、「これから縮毛矯正しようかな?」というふうに考えてる方にとっての白髪染めは深刻な問題。

実は、縮毛矯正の白髪染めはできるんです。

本当は、白髪染めと縮毛修正の併用できることがベストなんだけど、髪の毛がすごく痛みそうだし、年齢的なことを考えてみると昔のように冒険はできないところだと思います。

かと言って、皮膚アレルギーの原因と言われている酸化染料を使用していなヘアマニキュアは、髪の毛に優しいけど1週間くらいで色が落ちてしまい悲しくなってしまいます。

ネットでいろいろと調べてみると、オーガニック系の白髪染めが髪の毛に優しそう。

でも、もう少し、簡単に染められることができないかな?と思うのが正直に感想かも。

これから3年、5年、10年と定期的に染めていく作業を考えると、手間がかかるのはちょっとだけ億劫になってしまいます。

でも、バーブ系のヘナで白髪を染めるというのもすごく魅力的ですよね。

月に一度のペースなら、なんだか続けていけそうな気もします。

でも、できれば、本音を言えば、面倒くさい白髪染めはやめたいところだと思います。

私もできれば染めたくないです。(若い頃が懐かしい...)

先ほどもお伝えしたように、白髪染めは1度でも染め始めると、見た目やイメージもありますので、「や〜めた」というように簡単に卒業することは難しいです。

もし、くせ毛やパーマ(縮毛矯正 )との併用で白髪染めに悩んでいるなら、無添加の白髪染めシャンプーと、無添加の[白髪用]ヘアカラートリートメントを試してみてはいかがですか。

利尻カラートリートメントは、頭皮と髪にやさしく、トリートメント効果を期待する人におすすめです。

白髪染めシャンプー&ヘアカラートリートメント

実は、両方とも酸化染毛剤を使用していないヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

「うん、うん、知ってる、ヘアマニキュアでしょ。ヘアマニキュアは染めにくいし、1週間くらいで色落ちしちゃうんだよね」

と思うかもしれませんが、無添加の白髪染めシャンプーに至っては「白髪染め」と「洗髪」を同時にしてくれますので、シャンプーしてるたびに、いつの間にか白髪を根元から染めてくれます。

忙しい人でも続けやすいですよ。

「生え際の白髪目立ってきたな〜」という心配がなくなるのが嬉しいかな。

でも、1回、2回では染まらないから、緊急的な染め方が出来ないのはデメリットかも。

白髪の量や髪の毛の長さによっても変わってきますが、1~10回くらいから白髪に色がつき、1本使い切る頃には白髪は目立たなくなっています。

毎日、使ってるユーザーとして感じるのは、白髪を真っ黒に染めるといよりは、色をつけて馴染ませて隠してあげるという感じですかね。

「しっかり、染めたい!」という場合に(月に1回くらい)無添加の白髪用のヘアカラートリートメントでしっかり染めてあげます。

白髪用ヘアカラートリートメント

白髪染めシャンプーと白髪染めヘアカラートリートメントを一緒に使用することで、色の定着や色持ちがさらに良くなります。

「ヘアマニキュアは1週間くらいで色が落ちる!」

と言うのは、一緒に使用してるシャンプーが大きな原因なんですね。

シリコンタイプのシャンプーは、シリコン膜で髪の毛と頭皮を覆ってしまうので、カラー成分や美容成分が浸透しにくいという可能性もあるんです。

また、洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の汚れをきれいに落としてくれますが、同時にヘアマニキュアも落としてしまうのが難点かも。

そのシャンプーを無添加の白髪染めシャンプーに替えてあげて、頭皮の汚れを落としながら白髪も毎日少しずつ染めていくというのが、白髪染めシャンプーの良さです。

無添加白髪染めシャンプー

もちろん、パーマ(縮毛矯正など)との併用もできますよ。

でも、パーマ液などによってキューティクルが開いたり傷ついたりしてる場合があるので、白髪染めシャンプーの色が濃く仕上がることもあります。

パーマ後は、シャンプーの時間を普段より短くするとか、量を少なめに使用するとか調整してくださいね。

たま
たま
パーマ(縮毛矯正等)でも、おすすめしてる白髪染めシャンプーや白髪用のヘアカラートリートメントは使えるんだよね。
むしろ、髪の毛に不安がある人にこそ使って欲しいよな。
ぽち
ぽち
たま
たま
そうだね。

白髪染めシャンプーと白髪用のヘアカラートリートメントを使用することで、パーマ(縮毛矯正等)もできるので、髪型はもっと自由になるのかな。

もし、縮毛矯正ができなければ、頻繁に美容院に通って広がりを抑えるためにカットを定期的にしなければいけなくなり面倒くさいと思うんです。

でも、カットの回数を少しでも抑えることができれば楽です。

そうなると、時間もお金も助かるかも。

たま
たま
天然成分配合してるから、白髪を染めながら髪の毛のケアもできて、使うたびにしっとり仕上げていくのが、個人的には嬉しいかな。
それはデカイな。
ぽち
ぽち

くせ毛の白髪染め・まとめ

くせ毛の人の白髪の悩みは、本当に深刻な問題だと思います。

体の悩みって、悩んだことがないと理解できない部分があると思うんです。

でも、それはある意味、しょうがないのかなという気もします。

私も髪の毛に不安を抱えていて、一時期、白髪染めのダメージが怖かったです。

本音を言えば、縮毛矯正して髪型を自由に楽しみたいところだと思います。

天気や湿気によって髪の毛が広がることを気にすることなく、思いきってショートにしてみたり、もっと、もっと、自由にヘアースタイルを遊びたいです。

それにプラスして、髪の毛と地肌に優しい白髪染めができればハッピーじゃないかな。

できれば、もうこれ以上、白髪染めや髪型に振り回されたくないところだと思います。

ネットで調べてみると、「ヘアマニキュアって色持ちが悪いんだよね」という意見を目にすると思いますが、それは洗浄力の強いシャンプーやシリコンタイプのシャンプーを使ってる可能性があります。

無添加の白髪染めシャンプーは、ノンシリコン・ノンジアミンです。

今使ってるシャンプーに替えてみても、髪の毛には損しないかもです。

無添加の白髪染めシャンプーと無添加のヘアカラートリートメントを上手に活用して、くせ毛の白髪染めを安全に染めてみませんか。

ヘアースタイルをもっと自由にしても良いと思います。

白髪染めシャンプー詳細コラムはこちらです。

-白髪染めシャンプー アレルギー(副作用)
-,

Copyright© 白髪染めシャンプーランキング おすすめを見る! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.