刈り上げの白髪染め方法は?を解説

▶︎この記事を読む時間:約: 2

刈り上げの白髪染めについて

刈り上げ白髪染め

短髪や刈り上げ部分の白髪染めは難しいですよね。

刈り上げ部分は染めようと思っても、地肌も染めてしまうからテクニックと慣れが必要になってきます。

地肌を染めずに白髪を染めるなら、シャンプーの泡で包み込んで染めてくれる白髪染めシャンプーを試してみてはいかがですか。

頭皮を染めないから短い髪に白髪染めシャンプーはおすすめだよ。

でも、あまりに短い髪は、白髪を染めるのではなく短くカットする方が清潔感があり効率的だな。

白髪染めシャンプーは、地肌も黒く染めず、手や洋服の汚れも気にすることはありません。また、風呂場、洗面台などの後片付け、汚れも気にしなくOK.

頭皮を汚したくない男性や忙しくて白髪を染めるのが面倒な人にこそ、シャンプータイプの白髪染めはおすすめだね。

白髪染めシャンプーを上手に活用して、白髪染めをラクにしてみませんか。
↓ ↓ ↓

グローリン・ワンクロス詳細を見る>>

頭皮が染まらず準備や後片付けなし

グローリン・ワンクロス

刈り上げや短髪の白髪染めは難しい!

短い毛の白髪染めは、染めるのが難しいですよね。

自分で染めるホームカラーは、生え際が染めにくかったり、染めてもすぐに根元部分が伸びてきたりするんじゃないでしょうか。

髪の毛もパサパサに痛むし、頭皮のかぶれなどのアレルギーも心配です。

それを解決するには、さらに短くカットして、白髪が生えてきても目立たなくするか、プロの美容師さんのように、短髪部分の白髪を綺麗に染めるしかないですよね。

本当は、美容院で染めてもらった方が髪の毛は傷みにくいし、キレイに染めてくれます。

でも、定期的にサロンに通い続けるのは面倒だし、できれば自宅で簡単に染めたいところです。

髪が短いと、薬剤が垂れてしまいやすくなり、周りを汚してしまうこともあります。

短い髪の毛を染めるコツは、気になる白髪部分にたっぷりつけること。

たっぷりつけることにより、短い髪の毛が弾いてしまう液ダレのリスクを抑えますし、染めムラをなくすことにも繋がります。

また、髪のパサつきや頭皮のかぶれやアレルギーが心配なら、酸化剤(パラフェニレンジアミン)を使ってないヘアマニキュアを試しみても良いかも。

ドラッグストアや市販されてるものでもOKなので、一度、ヘアマニュキュアタイプの白髪染めを試してみてはいかがでしょうか。

もし、地肌を汚さずに自宅で染めたいなら、白髪染めシャンプーはおすすめです。

白髪染めシャンプー?

うん、白髪染めシャンプーだね。

おすすめの白髪染めシャンプーは、一般的な白髪染めとは違い、「パラフェニレンジアミン」など、ジアミン系の成分は使用していません。

頭皮と髪にやさしい白髪染めを探してる、男性におすすめです。

一般的なヘアカラー剤やシャンプー、コンディショナーは、硫酸系界面活性剤が多く含まれてると言われていて、長い間、使い続けていくと、体調やタイミングによっては、アトピー性皮膚炎など、皮膚アレルギーを引き起こすリスクも高いと言われています。

今までに、いろいろな白髪染めを試してきたと思うんですね。

でも、本音を言えば、もういい加減、白髪染めにお金と時間をかけたくないし、振り回されるのに、うんざりしているのではないでしょうか。

無添加の白髪染めシャンプーは、「洗う」と「染める」の2つを同時にするので、忙しい人でも続けやすいです。

白髪を染める時間がない!頭皮を汚したくない!優しく染めたい!という人におすすめです。

白髪染めシャンプーは短髪の白髪向き?

短い毛は、すぐ白髪が目立ってしまうので、頻繁に白髪を染め続けなければいけなくなりますよね。

白髪染めシャンプーは、短髪の白髪をシャンプーするだけでいつの間にか自然に染め続けられています。

ただ、薬剤を使用した一般的な白髪染めのような効果を期待すると、染まり方が物足りないかもです。

白髪染めシャンプーは、しっかり白髪を染めるというよりは、白髪に色をつけて全体的にぼかして目立たなくさせるタイプの白髪染めです。

「あれっ!?」

と思ったかもしれませんが、シャンプーしてるだけで白髪をぼかして目立たなくさせていくのは、気分的に楽です。

仕事が忙しい男性でも続けやすいですよ。

ただ、しっかり染めたい場合は、白髪染めトリートメントとの併用がおすすめです。

一度、全体をしっかり染めると、普段は白髪染めシャンプーでケアすればOK

白髪って一度でも染め始めると、何十年と染め続けなければいけなくなります。

もちろん、白髪染めは義務ではありませんので、いつでも勝手にやめてOK。

しかし、白髪染めを辞めるタイミングが分からないし、辞めると、一気に老けて見られてしまいそうで怖いですよね。

特に、同窓会などで久しぶり同級生と再開したときに、白髪染めを辞めていると老けて見られるかも。。。という気持ちがあります。

極端に言うと、白髪染めシャンプーの環境が出来上がると、白髪に関する心配事の全てを意識しなくても済むようになります。(個人的な感想です。。。)

しっかり染めたいなら、白髪染めトリートメントと一緒に使うのが理想だね。

1度、白髪に色がつくと、「今日は白髪を染めるぞ!」と意識しなくてもOK。

毎日のシャンプーで染まり続けてる環境は、忙しい人でも続けやすです。

白髪染めをするための、準備や後片付けをしなくてもOkです。

普通のシャンプーと一緒で、洗髪後は水で流すだけでノープロブレム。

おすすめの白髪染めシャンプーは、ツンとした匂いもなく、従来の白髪染めのように頭皮を汚さないので、短い髪の白髪染めには向いてるのではないでしょうか。

また、シャンプーなので、従来の白髪染めように短い毛を染めるプロのテクニックや、美容師さんのような経験もいりません。

誰でも簡単に短髪の白髪を染められるとこが助かると思うんです。

おすすめの白髪染めシャンプーは、無添加です。

頭皮と髪をしっかり守りながら、短髪の白髪をやさしく染めていきます。

染めてくれる、というよりは、シャンプーを使用している間は「少しずついつの間にかに色がついてる」という感じです。

刈り上げを活かす髪型

白髪に似合う髪型があれば、「べつに白髪を染めなくても良いんじゃない?」って思いませんか。

できれば、白髪染めはやりたくないですよね。

その方が、頭皮と髪にはやさしいです。

白髪があると老けて見えるのは事実ですが、実は、清潔にマメに短くカットさえしとけば印象も良く全然OKなんです。

有名人でもシルバーヘア(白髪)が似合う人はいます。

例えば、吉川晃司さんは白髪でカッコいい代表的な存在。

カッコいい白髪ヘアーの写真を見ていると、何も無理して白髪を染めなくてもいいのかな?という気もしてきます。

『清潔感』さえ注意しとけば、無理に白髪を染めなくても良いんじゃないでしょうか。。。

両サイドを短く刈り上げて、全体的に後ろに流すような感じにすればオシャレでカッコよくまとまりますね。

短髪でなくても、坂本龍一さんのようにナチュラルなツーブロックも清潔感があってオシャレだと思います。

白髪は、もみあげとこめかみに出現すると一気に老けて見えるのも事実です。

サイドを短く刈り上げれば、もみあげとこめかみの白髪は目立たなくなり、清潔感も増すのではないでしょうか。。。

無理して白髪を染めるよりは、逆に白髪を活かす髪型とファッションを探求するのもアリかな。

でも、「いきなり白髪染めをやめることができないよ!」という場合もあるかもです。

その時は、ご自身のライフスタイルに合わせて、白髪染めを楽しんでくださいね。

そのひとつの染め方として、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントを視野に入れてみるのも良いかもしれません。
↓ ↓ ↓

グローリン・ワンクロス詳細を見る>>

  • 頭皮が染まらない白髪染めです!
  • グローリン・ワンクロス