白髪染め 年代別

40代のおすすめ白髪染め|頭皮にやさしい白髪染め

投稿日:

※記事の所要時間:約 9 分

40代の白髪染めでおすすめは?

40代の頭皮と髪にやさしい白髪染め紹介しています。

40代白髪染めおすすめ

40代の白髪染めは、頭皮と髪への負担も気になりだし慎重になってしまうこともあります。

できるだけ、頭皮と髪にやさしい白髪染めを選びたいものですよね。

40代の頭皮と髪におすすめは、トリートメントの有効成分を髪の内部に浸透させる白髪染めトリートメントです。

「市販の白髪染めで傷んできたかな〜」という40代の男性、女性におすすめです。

白髪染めトリートメント
白髪染めトリートメントおすすめ人気ランキング!

※記事の所要時間:約 20 分 白髪染めトリートメントおすすめランキング 白髪トリートメントおすすめ人気ランキングを紹介しています。 たま 白髪染めトリートメントは何を選んだら効果があるのか迷うよね。 ...

続きを見る

また、トリートメントは美しい髪を作る上でとても大切な役割になりますが、土台となる頭皮環境を整えながら、白髪を目立たなくしてくれるシャンプー選びも、がんばってきた40代の頭皮にとても重要です。

いつものシャンプーに替えるだけで、「洗髪」と「染める」の両方を同時におこなえる白髪染めシャンプーもおすすめです。

白髪染めシャンプー & 白髪染めトリートメント
白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め

※記事の所要時間:約 33 分 白髪染めシャンプーランキングとおすすめ白髪染め10選 人気のある白髪染めシャンプーのおすすめランキングとおすすめ白髪染めを紹介しています。 白髪染めシャンプーは、サステ ...

続きを見る

白髪染めとファッションカラーの違い

ファッションカラー(おしゃれ染め)と白髪染めの違いは、髪への負担の違いになります。

市販のヘアカラー(ファッションカラー剤)は、アルカリ剤で髪を膨張させてキューティクルを開き、脱色と染色を同時に行いながら酸化染毛剤を髪の内部に浸透させて染めていきます。

それに対して白髪染め(グレイカラー)は、白髪を脱色する必要がなく髪への負担が少ない低アルカリタイプが多いです。

ただ、白髪は色が入りにくく浸透力が必要になり、ファッションカラーに比べて刺激が強いと言われています。

その点、40代の頭皮と髪におすすめしている白髪染めシャンプーとトリートメントは、髪の表面に色をつけるヘアマニュキュアタイプなので、刺激も少なく安心して使用することができます。

40代白髪染めの色選び

白髪染めの色選びは迷ってしまうこともありますよね。

市販の白髪染め・ヘアダイ(酸化染毛剤)は、髪の太さや気温によっても染まり具合が変わってきます。

また、パーマの痛み具合によっても薬剤が反応するスピードが違ってくることもあり、量や時間を調整する必要があります。

白髪の量が多い場合は、ご自身の髪色より少し明るめを選ぶことがポイント。

伸びてきた根元の白髪との境界線がぼかされ目立ちにくくなります。

ナチュラルブラウン

ブラウン系の中でもナチュラルブラウンは人気があり、特に40代以上の白髪の量が多い人におすすめです。

ブラウン系は、伸びてきた生え際の白髪と黒髪の境目をぼかしてくれるのに好都合。

ナチュラルブラウンはプリン状態をいい感じでごまかしてくれ、全体を明るくしたい時におすすめです。

メーカーによっても違ってきますが、ブラウン系は自然な明るさを演出するときにおすすめです。

アッシュ系カラー

アッシュ系カラーも人気があります。

アッシュ系カラーは灰色をイメージしがちですが、実は全体的にパープルがかった発色をします。

アッシュ系は様々な年代から人気があり、落ち着いた大人を演出しながら遊び心がある色で人気があります。

全体にパープルがかりますので、髪の毛の赤みと黄色感をおさえてクールな透明感を出します。

仕事で気分転換をしたいときにアッシュ系はおすすめかも。

アッシュ系カラーは自分で染めるというよりは、美容師さんに相談して進めていきます。

また、ブラウン系やアッシュ系だけが人気があるわけではなく、ナチュラルブラックも人気があります。

ブラウン系やアッシュ系などの色に飽きた人や、顔を引き締め効果を狙って黒系に変える女性も多いです。

ブラック系は、日本人の髪色に合わせたシックな色合いが多く、男性、女性問わず人気があるカラーです。

40代からは白髪を活かすハイライト

白髪を隠すのではなく、白髪を活かすというヘアカラーテクニック(ローライト・ハイライト)もあります。

ローライトとは?

ローライトとは、ベースの髪色より暗めの色を部分的に入れることにより、髪に立体感をだし引き締め効果を出すテクニックです。

ハイライトとは?

ハイライトとは、ベースの色より明るい色を白髪の近くに入れることにより、白髪を目立たなくしていくテクニックです。

全体的に明るくすることで白髪が目だたなくなり、印象も明るくなります。

白髪を隠すという発想ではなく、白髪を生かしながら綺麗に魅せるという手法も、40代の男性・女性のヘアカラーにおすすめです。

ハイライトを部分的に細かく入れ、全体を明るく見せます。

ハイライトを入れた後にお洒落染めで全体的染めて、白髪を生かしながら目立たなくする、そして、明るい表情を演出して、若々しさをキープ。

(1)ベースの色より明るい色を部分的に入れる。

(2)さらに全体をお洒落染めを入れる。

ハイライトは、自宅で染めるには難しいので美容院でお願いするのが良いでしょう。

ポイント

ベースの色より明るいブラウン系の市販の白髪染めを選ぶことで、自宅でもハイライト風な白髪を目立たなくする染め方も。

40代の白髪染めはヘアマニキュアがおすすめ

40代の痛んだ髪には、刺激の少ないヘアマニキュアがおすすめです。

ヘアマニキュアは、酸化染毛剤(白髪染め・ヘアダイ・ヘアカラー)のように髪の内部に影響を与えず、髪の表面に色をつけていきます。

ケミカルな酸化染毛剤のように色持ちは良くありませんが、頭皮に優しくツヤを出してくれます。

ヘアマニキュアのデメリット

黒髪の色を変えることはできない。

白髪だけ染まったように見える。

ストップすると徐々に色落ちする。

ヘアマニキュアのメリット

頭皮と髪にやさしい。

ジアミン系アレルギーにならない。

ダメージがほぼない。

ツヤのある仕上がりになる。

アルカリ剤が入ってないので、ツンとした匂いがない。

ヘアマニキュアは、ヘアカラーリング剤でかぶれた人でも使用することができ、頭皮と髪にやさしい白髪ケアです。

シャンプータイプとトリートメントタイプがありますので、髪に潤いを与え乾燥から守ります。

「市販の白髪染めで痛んだかな〜」と感じる40代の頭皮と髪におすすめです。

40代におすすめ白髪染め

40代の頭皮と髪を優しく染めてくれる白髪染めシャンプーとトリートメントをピックアップして紹介しています。

刺激の少ない白髪ケアを考えてる男性、女性の参考になると幸いです。

利尻カラーシャンプー

無添加白髪染めシャンプー

利尻カラーシャンプは、頭皮に優しく刺激の少ない洗浄成分を使っています。

「洗う」と「白髪染め」を同時にしてくれます。市販の白髪染めでアレルギー(かぶれ)になった人や敏感肌の男性、女性の頭皮におすすめです。

ミネラル豊富な利尻昆布エキスを配合していますので、頭皮環境を整え地肌の潤いを守ります

>>利尻カラーシャンプー詳細をみる

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー詳細コラム

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメントは、白髪をしっかり染めながらツヤのある髪を取り戻したい!という人におすすめです。

天然由来の植物成分で潤いとツヤが出て自然な仕上がりです。

>>利尻ヘアカラートリートメント詳細をみる

白髪染め

利子ヘアカラートリートメント詳細コラム

ルプルプ

LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

LPLP(ルプルプ)白髪用ヘアカラートリートメントの特徴は、かごめ昆布を使い微アルカリ性で頭皮と髪にやさしく、簡単に染められるところです。

新処方で退色も抑えて、5つの美容オイルを配合してるところもポイント。

>>ルプルプ通販サイト

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

マイナチュレ・ヘアカラートリートメント

マイナチュレ白髪染めトリートメント

マイナチュレヘアカラートリートメントは、『白髪ケア』『スカルプケア』『ヘアケア』『エイジングケア』と1本で4つのケアを叶えてくれます。

業界初のオールインワン・ヘアカラートリートメントです。

>>マイナチュレヘアカラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント

40代の白髪染めの頻度は?

40代の白髪染め(1剤2剤を混ぜるタイプ)頻度は、一般的に2月に1度のペースがです。

また、美容院で根元だけ染めてもらうリタッチと組み合わせると、頻度も落とせて頭皮と髪のダメージを抑えることができます。

頻度を調整することでダメージを抑えることも大事ですが、染めた後はアルカリ性に傾いているので、シャンプーでしっかりお洗い落とすことも重要です。

理想は美容院のシャンプーですが、セルフ染めの場合は、低刺激でアミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーがおすすめ。

そのいうことを含めて、白髪染めシャンプーは刺激の少ない洗浄成分と天然由来成分で頭皮と髪を労わりながら、「洗う」と「染める」を同時に叶えてくれますのでおすすめです。

40代の白髪染め選び方

白髪染めには、1剤と2剤を混ぜた化学反応を利用して、アルカリ剤と酸化染毛剤で染めていく一般的なタイプの白髪染めと、髪の表面をコートするヘアマニキュアがあります。

アルカリ剤と酸化染毛剤を利用したヘアカラーは、着色と色持ちも良いですが、刺激が強く頭皮のかぶれの原因になることもあります。

しっかり強く染めたい人におすすめです。

ヘアマニキュアは色落ちが早いですが、刺激が少なくダメージを抑えて染めることができる特徴があります。

頭皮に優しい白髪ケアを探してる人におすすめです。

市販の白髪染めの成分に不安や不満がない場合は、一般的なヘアカラー剤がおすすめです。

敏感肌の人や頭皮と髪のダメージを抑えながら染めたい場合は、ヘアマニキュアタイプがおすすめです。

40代の頭皮をいたわりながら『染め続けられる』白髪ケアを選ぶことがポイントです。

40代おすすめ白髪染め・まとめ

40代の白髪染めは、頭皮と髪の負担も考えながら染めていきます。

「白髪の量が増えたかも」と感じる時期でもあり、白髪染めに多くの時間を取られることもあります。

シルバーヘアを楽しむには若すぎるし、黒髪を維持するには大変な労力が必要になり、本当に大変な年代ですよね。

また、ハリ、ツヤ、コシ、ボリュームが出なくなるのもこの年代が多いです。

白髪染めは、50代・60代と、長く付き合っていくことになりますので、できれば、美容師さんに染めてもらう方が、髪を労わりながらやさしく染め続けるコツです。

ただ、どうしても美容院に通う時間がない場合や、安心して自分で染めたい場合は、白髪染めシャンプーと白髪染めトリートメントがおすすめです。

髪の内側から潤いを与えながら、40代の頭皮と髪にやさしい白髪染めです。

市販の白髪染めでかぶれた人や敏感肌の人におすすめです。

40代の頭皮にやさしい白髪染めシャンプーをランキング形式で紹介していますので、参考にしてもらえると幸いです。

50代白髪染めおすすめ
50代の白髪染めおすすめ|50代の頭皮にやさしい

※記事の所要時間:約 10 分 50代の白髪染めでおすすめ 50代の白髪染めでおすすめを紹介しています。 50代におすすめの白髪染めを紹介しています。 50代からの白髪染めの参考にしていただけると幸い ...

続きを見る

白髪染めシャンプー30代
白髪染めシャンプーは30代の頭皮におすすめです

※記事の所要時間:約 6 分 白髪染めシャンプー30代 30代の頭皮にやさしい白髪染めシャンプーを紹介しています。 白髪染めの問題は、30代になってくると徐々にあらわれてきます。 白髪染めのやっかいな ...

続きを見る

-白髪染め 年代別

Copyright© 白髪染めシャンプーランキング|おすすめ白髪染め , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.